里田まいさんスペシャルインタビュー!2019年4月号

里田まいさんスペシャルインタビュー その前向きな「伝え方」マネしていいですか?

NY生活、丸5年。「同じ立場で、同じくらいの熱量で息子を思っている」夫・田中将大さんとの二人三脚の育児や、ひとり時間の過ごしかたについて、持ち前のポジティブさでどんどん先へ進んでいく里田まいさんに、たっぷりとお話を伺いました!

里田まい
トップス¥48000/トゥモローランド(マーレット) パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 帽子¥24000/デ・プレ(ブルックスボスウェル) リング¥132000/ショールーム セッション(マリハ) サンダル¥33000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(カジャック)

 

Mai Satoda

さとだ・まい●’84年、北海道生まれ。’02年、アイドルユニット「カントリー娘。」の新メンバーとしてデビュー。’12年、野球選手である田中将大さん(ニューヨーク・ヤンキース)と結婚。’14年に渡米。現在は3歳の息子さんと愛犬・ハルとともにNY在住。

 

大変なときは実況中継! 夫に“知ってもらう”努力を

日常生活では、育児の悩みを誰に相談することが多いですか?

「それはやっぱり、夫ですね。友達や両親に話すこともあるけど、同じ立場で、同じぐらいの熱量で息子を思っているのは夫だと思うので。息子が騒いで手をつけられなくなったら『今大変です』『こういう状況、助けて!』とメッセージを送ったり、テレビ電話をしたり。割と実況中継していますね(笑)。もちろん、シーズン中の大事な時期や試合前は控えますが、それでもどうしても大変で、気が滅入ることはある。それは遠慮せずに、どんどん伝えます。どうしてもイライラがおさまらないときは、それをまず自分で認めてから『私今こういう状態だから、やさしくできない。ごめん』としっかり話す。それで彼が怒ることはないですね。『察してよ!』とつい思ってしまうこともあるけれど、人の気持ちって意外にわからないもの。自分の本音を自分で認めて、きっちり伝えたほうが、もしかしたらいいのかもしれません」

自分と同じ熱量で息子を思い、叱ることもできる夫がいちばんの相談相手です

夫が仕事で家をあけることが多いからこそ「知っておいてもらう」ことは意識しているそう。

「パパにどんなときでもパパ業はあるものなんだ、と思ってもらうのは、大事だなと思います。息子は野球とヤンキースが大好きで、もしかしたら日本でいちばんヤンキースの選手に詳しい2歳男児かもしれません(笑)。最近では、ヤンキースの選手のボールの投げ方や打ち方のマネもできるようになって! でも、2歳になったぐらいから、スタジアムに行くと泣くようになってしまったんですね。野球は見たいんだけど、人の多さや歓声が怖いみたいで。それを知っている夫は、試合後落ち着いてから、『大丈夫だった?』と試合中の息子の様子を気にしてくれたんです。彼が、息子のことや子育てにちゃんと気持ちを向けているからこそだと思うので、少しうれしい気持ちになりましたね」(里田まいさん)

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン