ラク家事のススメ!

シンプルライフ研究家マキさんの「この家事やめてラクになりました」

「きちんとやらなきゃ」と家事が重荷になっていませんか?

頑張りすぎて、笑顔が消えてしまっては本末転倒。みんなが笑顔で暮らせるように、その家事、いっそやめてみませんか?

LEE2月号では、家事をやめてラクになったという方々にインタビュー。どんな家事をやめたのか、どういう風に折り合いをつけたのか。

まずは、話題のシンプルライフ研究家、マキさんから。ラク家事のコツをうかがいます。

シンプルライフ研究家マキさん
1と10だけちゃんとしてれば大丈夫。やめていい家事、たくさんありました!


PROFILE
シンプルライフ研究家。
不要なものは持たない暮らしぶりを綴ったブログ「エコナセイカツ」(econaseikatsu.hatenadiary.com/)が人気。

5歳と10歳の娘、夫と4 人暮らし。広告代理店の正社員として働きながら、シンプルライフ研究家としても活動しているマキさん。2 人目出産後「何かやめなきゃ生活が成り立たない」と思ったそう。

「育児と仕事はやめられないけど、家事の中のこまごました工程はやめてもいいんじゃないかなと思ったんです。洗濯は毎日するけど、たたむのをやめても困らないなとか。
そんなふうに、当たり前にやってきた家事を『これやめていいな』と、どんどんやめました。
家事が嫌いだからこそいきついたミニマムな家事。まわりからどう見られるかではなく、自分がどうすればラクに気持ちよく暮らせるかが大切。そうすることで、結果的に家族も幸せになれると思います」

「キッチンクロスはリネンのものを使用。洗濯したら、二つに折って干し、乾いたら二つ折りのままキッチンの棚にひょいっと入れるだけ(笑)」

乾いて定位置に戻せればOK。やり方は問わない、これがまさにマキさん流!

「1 と10だけちゃんとしていれば、2 〜9の工程は誰にも見られていないから手を抜いてもいいかなと(笑)。料理でいうと、ゴールはおいしいものを提供すること。家族がおいしく食べられて健康だったらいい。
そう思うと、いい食材を使うというスタートは大切。多少高くてもいい卵を買えば、卵かけごはんがごちそうになる。いい素材は究極の時短なわけです。
掃除なら、ゴールは家族が家で気持ちよく過ごせること。掃除を丁寧にやること自体は目的じゃありません。だから1 にあたる掃除しやすい仕組み作りを工夫して、日々の掃除がラクになるようにしています。
当たり前と思っている家事を疑ってみてください。やめていい家事って意外とたくさんあります」

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン