伊藤まさこさん器と私のものがたり

伊藤まさこさんがシーンごとにレクチャー!「テーブルコーディネートのバランス術」

スタイリストの枠におさまらず、多岐にわたる活躍をされている伊藤まさこさんは、「テーブルのコーディネート、どうしたらいい?」そう尋ねられることがよくあるそう。

 

「私は『服のコーディネートを考えるのと同じでいいと思いますよ』、そう答えています。

例えばメインの器を決めたらそれに合う小物を加えていく。素材や色合い、質感、決めるところは決めて、軽やかにするところは軽やかに、という具合に。ちょっと迷ったら全身鏡を見るような気持ちになって離れたところからテーブルの上を客観的な目で見ることも大切。写真を撮ってみるのもいいかもしれません。

いつも心がけているのは、『主役は料理』ということ。器は料理をおいしそうに見せるための引き立て役。目立ちすぎず、さりげなく。

このさじ加減がなかなか難しいのですけれどね」(by 伊藤まさこさん)

そこで、連載2回目では、伊藤まさこさんがシーンごとにテーブルコーディネートをレクチャーします!

 

みんなで囲む のテーブル
Masako’s table rules

Point 1 白をベースに、時々柄が基本。+茶色のグラデーションなら料理がおいしそうに見える

Point 2 オーブン料理など、大きな器を真ん中にどん!と置いてバランス軸に

大きな耐熱皿や鍋をテーブルの中心に。そこからコーディネートを組み立てます
まずメインディッシュは「何を食べたいか?」から決定。そしてバランスを見ながら、取り皿、サイドディッシュの器などを決めていきます。今回は、わが家のテーブルの木の色と相性がよく、料理がおいしそうに見える茶色をベースに。絵柄のプレートがほどよいアクセントになってくれます。

メインは、なすがたっぷり入った羊肉のムサカ。坂田阿希子さんらとの共著『テリーヌブック』のレシピにオリーブとゆで卵をのせてアレンジしたもので、お客様がいらしたときに作ることが多いそう。「パリの市で、確か10ユーロくらいで買った」という耐熱の器にたっぷりと作って。同じく茶色だけど色みや形の違う耐熱皿には、ソテーしたマッシュルーム入りのクスクスと、ゆでた芽キャベツのサイドディッシュを。トッピングのトマトのオリーブオイルマリネや香菜は、辻和美さんのガラスの器に入れて、こっくりしたトーンのテーブルに軽やかさを加えます。絵柄のプレートは、同じくパリの市で出会ったもので、やや大きめのサイズが取り皿にぴったり。「繊細な柄で、ほどよく食卓が華やかに。意外にもいろんな料理を受け止めてくれるんです」

お皿や鍋に合わせて選ぶ鍋敷きをかわいいアクセントに


今回の食卓では、オーブン料理の下にカッティングボードを敷き、木の風合いで立体感をプラス。一方、鍋料理がメインのときに欠かせないのが、鍋敷き。テーブルの雰囲気に合わせて選べるよう、いろいろな素材やデザインを揃えています。お鍋の出来上がりを待つ間、置いているだけでもチャーミングなものばかり。

いとう・まさこ●料理や雑貨など、テーブルまわりのスタイリストとしてスタート。LEEをはじめ数々の女性誌や料理本のスタイリングで引っ張りだこになる。現在では、ライフスタイルにまつわるさまざまなテーマの著書も多数。その他、イベントや商品コラボレーションなど、多方面に活躍している。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン