パパ育児オモテとウラ

【つるの剛士さん×青野慶久さん】“イクメン代表”といわれる2人が男性育児の本音を語ります!

イクメンという言葉が生まれて久しく、男性の育児参加も、もはや当たり前に。

そこでLEE10月号では、育児に積極的な男性にインタビュー! 発言の裏付けとして、妻にもコメントをもらい、夫側から妻側から、それぞれの本音を探りました。

まずは、イクメンを広めたお二人、つるの剛士さん&青野慶久さんが、男性育児の現状と未来を語り尽くします!

パパの育児オモテとウラ01
モデル・タレント つるの剛士さん × サイボウズ 青野慶久さん

’11年〜’15年の4年間、LEEのパパ連載『“毎日イクメン”で行こう!』を担当していたつるの剛士さんと、“イクメン社長”として有名な、サイボウズ株式会社の青野慶久さん。

つるのさんは、高1、中2、小6、小4、3歳という5児の父、青野さんは、小4、小2、年中の3児の父。ともに子だくさんで、かつて育児休業を取得したことがあるという共通点があります。

つるの 僕は9年前、第4子の出産のときに育児休業を2カ月、そして、3年前、第5子が生まれたタイミングで1カ月仕事を休みました。青野さんは?

青野 僕も9年前、第1子のときに、2週間だけ取りました。第2子では、毎週水曜日を半年間、20日間ぐらい休む育児休業を、第3子のときは休まずに、毎日16時退社を半年間続けました。16時に退社して、上の2人の子どもたちのお迎えから寝かしつけまでを担当する短時間勤務社長は、妻に好評でしたね。

つるの 3回とも違う取り方なのはおもしろいですね。僕は産後に休んだことは変わらないんですけど、1回目の育休の後に“イクメン”という言葉が出てきて、大きく環境が変わったんですね。
イクメン代表とか、講演で育児について話してとか言われて、イクメンって……?と。すごいパワーワードが出てきて、ちょうどタイミングよく育休を取った僕が引っ張られた感じでした。
だから、2回目の育休は、自分の意識を変えてみたんです。これだけ言われるんだから、あえてイクメンをやってみよう!と思い、休んでいる間は奥さんは赤ちゃんのお世話以外のことはしなくていい、家事・育児のすべてを俺が引き受けます、と。

青野 それはすごい。大変だったでしょう?


つるの・たけし●1975年、福岡県生まれ。タレント、歌手として活躍。『ヒルナンデス!』などレギュラー多数。著書に『バカだけど日本のこと考えてみました』(KKベストセラーズ)など。また歌手デビュー10周年記念の『つるの剛士 ベスト』が好評発売中。 2002年に結婚。2男3女の5人の子どもの父。


あおの・よしひさ●1971年、愛媛県生まれ。サイボウズ株式会社社長。社内のワークスタイル変革を推進して働きやすい会社として話題になる一方、自身も社長として初めて3 度の育児休業を取得。著書に『会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。』(PHP)など多数。3児の父。

Writer Profile

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

LIFEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン