2019年9月号ファッション

【名品ショルダー7選】おしゃれプロが惚れ込む、毎日コーデに映えるブランドは

デイリーもきれいめも頼れるショルダーバッグは、私たちの心強い相棒!

LEE9月号では、おしゃれ上手なあの人から、人気スタイリスト、LEEスタッフまで、プライベートで愛用中のショルダーバッグを徹底リサーチ。

第2回目は、毎日コーデに映える「名品ショルダー」7選をご紹介。

おすすめコメントや、使いやすさがダイレクトに伝わるポイントカットも参考に、新しい季節をともに過ごす相棒ショルダーに出会って!

J&M DAVIDSON (J&M デヴィッドソン)
フリンジ カーニバル ミニ

ドラマティックな新バージョンに注目
ブランドを代表する圧倒的なアイコン「カーニバル」から、新デザインとして今季仲間入りしたのが「フリンジ カーニバル」シリーズ。

ユニークな表情を見せるレザーの長めフリンジをたっぷりとあしらいつつ、シャープなチェーンハンドルやスタッズでコントラストをきかせて。いつもの着こなしにモードな香りを運んでくれる、ネクストヒット間違いなしの新名品ショルダーがここに。

comment

見た目以上の収納力と、手持ちも肩がけもできる2WAYでお仕事はもちろん子育てシーンでも大活躍。新しいフリンジ カーニバルも気になります!」(スタイリスト上村若菜さん)

きれいめコーデに欠かせないのが白のカーニバル。上品な中にピリッと洗練された辛さがあるのも自分好み。ロゴが主張しすぎず自立するのも◎」(ライター 栗田瑞穂さん)

GOOD POINT

今季からボディの外側にショルダーがつきクロスボディが自然に。チェーンハンドルもついて手持ち、肩がけ、斜めがけもOKのお得な3WAY。

(H20×W13.5×D13.5)(各)¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店

A.P.C. (アー・ペー・セー)
ハーフムーン バッグ

時代を超えて愛される絶対的定番
その名のとおり、半月を思わせる丸みを帯びたシェイプが印象的なショルダーは、2013年のデビュー以来、素材やカラーを変えて毎シーズン登場するベストセラー。フレンチシックを代表するブランドならではの、トレンドに左右されないベーシックなデザインがその人気の秘密です。

秋の新作は、上品なツヤのある華やかな黒の型押しのカーフ素材。シンプルなワンツーコーデをさりげなく高見えさせる、シックな存在感が何より魅力です。

comment

ベーシック好きの私にとって永遠の定番。上質なレザー素材で使い込むほどに味わいが増すのも魅力。ブラウンをマイヴィンテージとして育て中です」(スタイリスト石上美津江さん)

どこかノスタルジックな佇まいに惹かれて数年前に黒を購入。トラッドなテイストと相性がいいので、トレンチやダッフルに斜めがけするのが定番」(ライター栗山直子さん)

GOOD POINT

「荷物をたっぷり入れても型崩れしにくい!」とは、愛用者に共通するコメント。長く使ううちにヴィンテージ風の味のある風合いに。

バッグ(H17×W24×D8)¥61000/アー・ペー・セー カスタマーサービス

ポシェット感覚で使える待望のミニサイズも登場!
この秋、新たに仲間入りした小さめサイズ。大人っぽいグリーン系のパイソン柄が、こなれ感を一気に高めてくれます。(H14×W19×D7)¥51000/アー・ペー・セー カスタマーサービス

VASIC (ヴァジック)
シティー ミニミニ

アクセントカラーが冴えるスクエア型のポシェット
今年デビューしたばかりの「シティー ミニミニ」は、丸みのあるスクエアフォルムと、洗練されたくすみカラーが冴える大人の遊び心を感じるスタイリッシュなデザインが人気。

NY発のブランドならではのミニマルさと絶妙なトレンド感のMIXで、持つだけで粋なルックスに仕上がります。

comment

「シティーシリーズは、ありそうでなかった絶妙な色出しに惹かれました。合わせる着こなしを選ばず、ほどよいモードな雰囲気が出せるのでおすすめ」(スタイリスト松村純子さん)

「ヴァジックは持つだけでキュンとアガるキャッチーなデザインの宝庫。小さなサイズのシティーは、女らしいワンピにアクセ感覚できかせたいです」(スタイリスト吉村友希さん)

GOOD POINT

定期入れやカードがすっきり収まる仕切りやベルトを差し入れるだけでOK の簡単な出し入れ口など、使いやすさも人気の理由のひとつ。

(右)(H14×W18×D8)¥37000/コード(ヴァジック) (左・上)(H14×W18×D8)(各)¥37000/トゥモローランド(ヴァジック)

MIMI (ミミ)
フランシス

シンプルイズベストな機能美で魅せる英国発の好印象ショルダー
一貫して英国生産にこだわりを持つブランドのショルダーは、装飾に頼らないシンプルな美しさが特徴。デザイナーの友人の息子の名前がつけられたという「フランシス」は、どこかクラシカルな佇まいが魅力です。

金具部分には経年変化が楽しめる真鍮を、30もの工程を経て作り上げられるボディには植物性のタンニンでなめした革を使用。丁寧な作りにこだわった本物だけが持つ存在感が、大人の気品を高めてくれます。

comment

バッグは実用性で選ぶ派。上質なレザーを使った、使いやすく清楚なルックスのミミのショルダーは永遠のマイスタメンです!」(編集ボブッコ)

GOOD POINT

フロント部分には鍵や携帯電話なども入れられる大きめのフタ付きスペースが。持ち物を分けて入れられるから、取り出すときもスムーズ。

バッグ(H16×W19×D6)¥34000/ビショップ(ミミ)

色&デザイン違いも人気
(右)ツヤのある黒の「フランシス」。(H16×W19×D6)¥34000・(左)こちらも定番人気の「ヘべ」。(H18×W26×D5)¥49000/ビショップ(ミミ)

GIANNI CHIARINI (ジャンニ キアリーニ)
ウォレット エレットラ(右)、エレットラ(中・左)

秋冬素材&カラーに機能性をプラス
昨年、日本初の路面店が銀座にオープンした、フィレンツェの実力派バッグブランド。

「エレットラ」は、上品なルックスに軽さと収納力を兼ね備えた、今の女性がバッグに求める要素をギュッと詰め込んだデザイン。そのままお財布としても使えるミニサイズにも注目です。

comment

カジュアルすぎず、かといってかしこまりすぎないルックスが普段使いにちょうどいいんです。幅広のストラップであたりがソフトなので、肩が凝らないところも優秀」(副編S子)

GOOD POINT

取り出すことの多い鍵や携帯電話はこちらにIN。柔らかなスエード素材は、肩がけや斜めがけすると、ボディに寄り添うように優しくフィット。

(右)(H14×W17×D3)¥26000・(中・左)(H17.5×W21×D10)(各)¥35000/ジャンニ キアリーニ 表参道店

Marimekko (マリメッコ)
カルラ バッグ

コーデに軽やかなリズムが生まれる感度の高い変化球デザイン
オリジナルのテキスタイルを使ったトートと人気を二分するのが、毎シーズン登場するコロンとした丸みのあるボディが可愛いオーバル型のショルダー。

上質でしなやかなシープレザーを使っているので、カジュアルなデザインでも大人っぽい雰囲気をキープできるのが優秀です。旬のボディバッグ風に斜めがけして、シンプルスタイルのアクティブな味つけに。

comment

着こなしのスパイスになるユニークな形に惹かれました。とにかく軽くて柔らかい素材と収納力の高さにも惚れ惚れします」(副編AH)

GOOD POINT

ボディの両サイドまでしっかり開くので内側が見やすく荷物の出し入れも楽ちん。同デザインで小さめサイズもあり。

バッグ(H11.5×W33.5×D16)¥34000/ルック ブティック事業部(マリメッコ)

待望の2WAYタイプも登場
レザーとキャンバスのコンビ素材でメリハリをきかせた、長く愛用できるスタンダードなデザイン。(H22.5×W15.5×D10.5)¥52000/ルック ブティック事業部(マリメッコ)

MANSUR GAVRIEL (マンサー・ガブリエル)
ミニミニ(右)、ミニクロスボディ(中)、サークルクロスボディ(左)

可愛げのあるモダンなルックスにファン急増中
人気セレクトショップがこぞって取り扱っていることでもわかるとおり、ファッション性の高さに定評のあるNY発のブランド。

ベストセラーの巾着のほか、サークル型やフラップ付きなど、大人のチャーミングを感じるショルダーの宝庫です。

comment

洗練されたルックスに加え、さし色がきいていたりショルダーが細めだったりと、こなれ感抜群のバッグがそろうブランドです」(スタイリスト大平典子さん)

GOOD POINT

つややかな黒のカーフボディの内側は、スパイシーな赤でコントラストをきかせて。横長の財布もすっきり収まるなど、見た目以上の収納力が自慢。

(右)(H20.5×W15.5×D10)¥54000・(中)(H18×W23.5×D6)¥72000・(左)(H19×W20.5×D6.5)¥109000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)


次回は、軽量、コスパ、高機能etc.シーン別で頼れる「お役立ちショルダー」をお届けします。

撮影/菊地 史(impress+)(モデル・ロケ物) 坂田幸一(切り抜き物・ポイントカット) ヘア&メイク/TOMIE(nude.) スタイリスト/石上美津江 モデル/浜島直子 取材・原文/栗山直子
※バッグのサイズはH=縦、W=横、D=マチで単位は㎝です。
※商品の価格は本体価格(税抜き:2019年8/7発売LEE9月号現在)で表示しています。詳しくはLEE9月号をご覧下さい。

Writer Profile

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top