ファッションをもっと楽しく!毎日コーデ

2018秋冬パンツはワントーン配色ではき回し! 17コーデ【フォトギャラリー】

誰でもスタイリッシュに、そして上級者っぽく見えるワントーンスタイル。

難しそうに見えるこのコーディネートテクニックも、コツをつかめば意外と簡単。

異素材の組み合わせや微妙な色の重なりが細見えや好印象をもたらす、大人のためのおしゃれ術にトライ!


1 / 17
  • GRAY STYLE 1
    インをダークなトーンで揃えて、
    すっきりとしたバランスに

    重たく見えがちなロングコートを使ったコーディネートは、その配色が洗練のカギ。
    インナーをチャコールグレーのリブニットとチェックパンツの暗いトーンでつなぎ、外に明るいグレーを持ってくると、全身が軽やかな印象に。色を重ねることでこなれ感も上昇します。

    パンツ¥24000/ティッカ コート¥19900/プラステ ニット¥21000/スローン サングラス¥43000/アイヴァン7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥6500/ジューシーロック バッグ¥41000/ショールーム セッション(ポティオール) ブーツ¥19000/オデットエ オディール 新宿店(エミュ)

  • GRAY STYLE 2
    オーバーサイズのニットと細身ラインのパンツで作る
    着映え確実のゆる×ピタシルエット

    アクティブな小物でスポーツテイストをMIXしたスタイリングも、グレーを土台に組み立てればこんなにも大人っぽく好感度大。今季らしいボリュームたっぷりのドロップショルダーニットは、ボトムにシャープなテーパードパンツを持ってきて引き算を。ゆる×ピタの組み合わせで、リラックス感漂う旬シルエットが完成します。

    パンツ¥24000/ティッカ ニット¥44000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥32000/デ・プレ 丸の内店(イリス47) リュック¥12800/1197store(アノニム クラフツマン デザイン) スニーカー¥24000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス)

  • GRAY STYLE 3
    レザーやメタリック小物でツヤ感をプラスすれば
    女らしさがぐっと引き立つ

    ともすればメンズライクに見えてしまうグレーのワントーン。女っぽさを補うには、ツヤのあるライダースや、シルバーのレザー小物など、輝きを湛えたアイテムが有効です。ショート丈のジャケットでスタイルUPも意識して。

    パンツ¥24000/ティッカ ジャケット¥88000/ゲストリスト(アッパーハイツ) カットソー¥2200/ヘインズブランズ ジャパン(ヘインズ) ヘアバンド¥1480/サンポークリエイト(アネモネ) チョーカー¥2800/ジューシーロック バッグ¥19000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥46000/アマン(ペリーコ)

  • BROWN STYLE 1
    チラリとのぞくベージュシャツで
    ブラウンのグラデーションに奥行きとメリハリを与えて

    暖かみのあるニットとコーデュロイの間にベージュのウールシャツをはさむだけで、ほどよい抜け感が加わり、スタイリングの好感度が上がります。淡いカラーを上手に使うと、ほっこり感がマイナスされて、全身ブラウンでもほどよく都会的な印象に。
    パンツ¥32000/オーラリー ニット¥39000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥42000/マディソンブルー バッグ¥56000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) イヤリング¥11000/シップス 有楽町店(ドミニク デナイブ) 靴¥15500/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール)

  • BROWN STYLE 2
    華奢小物で仕上げれば
    女っぽさもクラス感も2割増しに

    ベーシックな白タートル×ブラウンパンツに太いスリーブのビッグコートをはおった、シルエットがちょっぴりルーズな旬のコーディネート。くだけすぎないよう、全身辛口のチェーンバッグとポインテッドトゥパンプスを足すことで、きれいめスタイルにブラッシュアップを。

    パンツ¥32000/オーラリー コート¥87000/スティーブン アラン トーキョー(レイチェル コーミー) ニット¥15000/アルアバイル ピアス¥3000/ジューシーロック バッグ¥28000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥46000/フラッパーズ(ネブローニ)

  • BROWN STYLE 3
    大人のスウェットスタイルは
    パンチのきいた柄使いでちょっぴりハズすのが気分

    この冬、大人にも浸透したスウェット。レイヤードなしで作る着こなしには、のっぺり見え回避に小物で味つけ。レオパードのファーバッグを高めの位置にかけてアクセントに。

    パンツ¥32000/オーラリー プルオーバー¥14800/トラディショナル ウェザーウェア タカシマヤ ゲートタワーモール店(トラディショナル ウェザーウェア) 帽子¥5000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店(ハイランド2000) ウエストポーチ¥35000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) スニーカー¥12000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス)

  • BLACK STYLE 1
    迫力が出がちなブラックコーデも
    カジュアル度を高めれば ほどよいリラックス感に着地

    クールに決まる黒は、使い方を間違えると硬い印象になりがち。まずトライするなら、アイテム自体に適度なリラックス感が漂う「スポーティなブラック」を選ぶのがオススメです。ひとつひとつの持つ気楽さが、ALLブラックのきちんと感と融合し、ちょうどいい大人のカジュアルに。トレンドのフーディを仕込んだのも今年らしさのカギ。

    パンツ¥19000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) コート¥56000・スウェット¥30000/ボウルズ(ハイク) ピアス¥5500/シップス 有楽町店(パール インターナショナル) スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

  • BLACK STYLE 2
    今シーズン見逃せないチェックを
    着こなしに取り入れて一瞬で鮮度を上げる!

    黒タートルと黒パンツだけのストイックな上下に、グレンチェックのウールシャツをはおるだけでこんなにも今っぽく。インに引き締めカラーのブラックを入れることで、細見え効果も期待できます。軽快な八分丈パンツなら、フラットシューズでもバランス良好。

    パンツ¥19000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) シャツ¥59000/マディソンブルー ニット¥16000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ピアス¥33000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(クレッシオーニ) バッグ¥45000/アマン(ペリーコ) 靴¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)

  • BLACK STYLE 3
    ざっくりカーデと透け感ブラウス、
    素材の違うアイテムを重ね 表情をやわらかく

    人気復活中のアラン編みニットは、ユニセックスな雰囲気が薫るアイテム。インにTシャツやカッターシャツではなく、フェミニンな透けブラウスをレイヤードすることで、女性らしい着こなしに。
    パンツ¥19000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) カーディガン¥56000/アマン(アンスクリア) ブラウス¥16000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) メガネ¥37000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥38000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/ジャンニ キアリーニ) 靴¥42000/ルック ブティック事業部(レペット)

  • NAVY STYLE 1
    ハンサムなトレンチスタイルに
    スカーフひとつで華やぎをON

    濃淡のグラデーションがつけにくいネイビーのワントーンは、スタイリングが単調にならないよう気をつけたいところ。ニットの衿元に柄スカーフをさすだけで、端正なコーデにリズムが生まれます。

    パンツ¥19800/シンゾーン ルミネ有楽町(ザ シンゾーン) コート¥90000/ボウルズ(ハイク) ニット¥14000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥30000/トゥモローランド(アグメス) バッグ¥44000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥46 000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)

  • NAVY STYLE 2
    細かいピッチのボーダーとサンダルで抜けを作って

    ネイビーコーデをアレンジして大人のマリンスタイルに昇華。メリハリをつけるため、細ボーダーを胸元からのぞかせて、顔まわりをすっきりと。足元は白ソックスを入れたサンダルを合わせると軽やか。
    パンツ¥19800/シンゾーン ルミネ有楽町(ザ シンゾーン) ジャケット¥55000/オーラリー カットソー¥10500/サンスペル 表参道(サンスペル) バングル¥80000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(マリアルドマン) バッグ¥39000/ラヴァンチュール マルティニーク(アニタ ビラルディ) ソックス¥1600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) サンダル¥43000/フラッパーズ(ネブローニ)

  • WHITE STYLE 1
    白の無垢さを強調するソフトな素材合わせを実践

    ハリ感のある生地では出せないやさしげな雰囲気を、ミルキートーンのやわらかい素材を取り入れることで漂わせて好印象に。ギャザーたっぷりのブラウスや、使うほどに手になじむくたっとしたスエードバッグが、ホワイトスタイルのイノセントな可愛げをさりげなく引き立てます。
    パンツ¥26000/エージー ジャパン(エージー) コート¥82000/ゲストリスト(グローバーオール) ブラウス¥16000/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店(ウィム ガゼット) バッグ¥128000/ビームス ハウス 丸の内(ザネラート) ブーツ¥88000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル)

  • WHITE STYLE 2
    冬小物を上手に使うことでウォーム感上昇を狙う

    冬の白は、寒々しく見えないよう気遣いを。白T+ホワイトデニムの組み合わせに、畔編みのロングカーデをはおって清潔感のあるグラデーションに。カシミヤのストールとファーバッグで、さらに暖かみを添えて。
    パンツ¥26000/エージー ジャパン(エージー) カーディガン¥38000/アングローバル(イレーヴ) ロンT¥9500/スローン ピアス¥9200/シップス 有楽町店(ソコ) ストール¥52000/ビームス ハウス 丸の内(ジョシュアエリス) バッグ¥42000/ゲストリスト(ハウント代官山/アロン) スニーカー¥9500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

  • BEIGE STYLE 1
    マニッシュジャケットを着るなら
    エレガントなアイテムを多めに

    グレンチェックのダブルジャケットとチノとのコンビは、男性的に転ばないよう、上品見えするスパイス小物で盛り上げて。揺れるピアスやとんがりパンプスを足してあげれば、いつものチノパンツも女性らしさ満点にコーディネートできるはず。
    パンツ¥26000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ジャケット¥83000(トネッロ)・バッグ¥75000(ヘイワード)/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店 ニット¥24000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) イヤリング¥16000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アントン ヒュニス) 靴¥46000/アルアバイル(ペリーコ)

  • BEIGE STYLE 1
    マニッシュジャケットを着るなら
    エレガントなアイテムを多めに

    グレンチェックのダブルジャケットとチノとのコンビは、男性的に転ばないよう、上品見えするスパイス小物で盛り上げて。揺れるピアスやとんがりパンプスを足してあげれば、いつものチノパンツも女性らしさ満点にコーディネートできるはず。
    パンツ¥26000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ジャケット¥83000(トネッロ)・バッグ¥75000(ヘイワード)/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店 ニット¥24000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) イヤリング¥16000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アントン ヒュニス) 靴¥46000/アルアバイル(ペリーコ)

  • KHAKI STYLE 1
    ボーダーの色を変えるだけで
    王道コーデに新鮮味が増す

    定番のブラックやネイビーのボーダーだと無難になるカーキパンツとのコンビも、同色使いならフレッシュな印象。ボーダーシャツはあえて体が泳ぐサイズを選び、ハイウエスト グルカにイン。トップスのゆるっと感が余裕のある雰囲気を漂わせます。
    パンツ¥15500/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) カットソー¥10 000/セント ジェームス代官山店(セントジェームス) シャツ¥14000/スティーブン アラン トーキョー(スティーブン アラン) イヤリング¥1800/ジューシーロック バッグ¥58000/エバゴス 靴¥24000/プリファー シップス NEWoMan新宿店(スペルタ)

  • KHAKI STYLE 1
    立体的なシルエットと
    深いカラーリングで旬をまとって

    カーキといってもその色みはさまざま。赤みの強いブラウン系カーキのビッグコートを取り入れ、配色・シルエットともに今どき顔にアップデートを。
    パンツ¥15500/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) コート¥56000/ティッカ ニット¥13000/ビームス ハウス 丸の内(デ ミルクス ビームス) イヤリング¥10000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ドミニク ドゥネーブ) ストール¥24500/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) バッグ¥64000/八木通商(ダニエル&ボブ) 靴¥29000/ビームス ハウス 丸の内(チェンバー)


撮影/金谷章平 ヘア&メイク/中村未幸(Lila)
スタイリスト/松村純子 モデル/竹下玲奈 取材・原文/栗田瑞穂

※商品の価格は本体価格(税抜き:2018年11/7発売LEE12月号現在)で表示しています。

LEE12月号『3つの着回しルールで「少ない服でも好印象!」』から
詳しくは2018年11/7発売LEE12月号に掲載しています。

この特集の次の記事を見る

ファッションをもっと楽しく!毎日コーデ

この特集の記事一覧を見る

もっと見る

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン