スタイリスト福田麻琴さん+SANYO 一生モノのコートができるまで 大人の工場見学

 
DMA-_MG_0003

青森県の小さな町に、世界を驚かせるコート工場があります。

日本のトレンチコートの歴史を紡いできた三陽商会のファクトリーとして、実際にコートだけで40年、日本製であることに強い思いを持ち、作り続けてきたのが、サンヨーソーイングです。東京から新幹線で約3時間。サンヨーソーイングの工場に到着。

「入り口のレトロな看板から、もう素敵です」と、スタイリスト福田麻琴さん。

LEEのために作ってもらった特別なSANYOのトレンチコートも、こちらで生まれたものです。その現場の空気に触れるべく、福田さんと小さな旅に出かけました。

駅を降りると、すぐにブルーの屋根の建物が並ぶ光景が目に飛び込んできます。この工場は1969年に操業開始。その後、多くのアパレル企業がコストのかからない海外に生産拠点を移す中、この地での生産を貫き、今では年間6万着のコートを作っています。その多くがコットン素材で、トレンチコートもこの中に含まれます。

初めにお話を伺ったのは、工場長で取締役の和田秀一さんです。「コート専業の工場は、日本にほとんどないんです。そこに特化してきたからこそ、品質ならどこにも負けない自信があります」

工程を取材する上で、まず、訪れたのはCAD室。ここではコンピュータ上で型紙を作製しています。企画の発注を受ける段階で、ブランドからパターンや仕様書が送られてくるものの、そのまま作製すると、実は細かなところで無理が生じてしまうのだそう。

そこで「工業パターン」と呼ばれる最適な形に調整します。パーツの個数を例に挙げると、当初のパターンでは70程度で構成されるものが、工業パターン化することで、よりきめ細かく、200近くのパーツに改められることも。
「工業パターンの作製技術は、この工場の強みのひとつです。いただいたデザインの内容を咀嚼し、サイズ展開、素材の特性や効率も考えながら、一番いい形を目指します。シワが入りにくいようなラグランのカーブ、ラペルの返りが左右対称に見える、前身頃がまっすぐ落ちるなど、後の工程のためにも設計をきちんとやることが重要なんですね」(和田さん)

続いて、見せてもらったのが、生地を型紙に合わせて各パーツに裁断する工程です。機械が精密に裁断していく中、裁断前の生地に傷がないか肉眼で確認する職人さんの姿を発見。気の遠くなるような作業に、福田さんも、「これはほんとにスゴい。クオリティを守るためには必要な作業なんですね」とひたすら感嘆。

そして、いよいよ一行はソーイングルームへ。作業に当たるのは全員が女性です。各パーツの縫製と、全体の組み立てに分かれていますが、特徴的なのが、前身頃の縁やわきの線をミシンで縫う作業です。直線が長い部分は、縫っていくうちにどうしてもステッチに引きずられて生地が詰まってきます。美しく仕上げるために行っているのが“引き縫い”という技。針の前と後ろで両手で生地を張りながら縫うことで、着たときにスッとまっすぐ伸びるラインに。

「ミシンがまるで体の一部のように見えます。まさに自由自在に操っていますね」(福田さん)

引き縫いはほかの工場では特殊な作業とされていますが、ここでは基本作業として行われています。このあたりにも、コート作りへの強い矜持が感じられます。

縫製で30年近く作業をされている大浦広子さんにお話を伺うと、「パターン通りに正確に縫うことは、意外と難しいんです。同じ素材でも湿度や途中の工程で、微差ですが、伸びたり、詰まっていたり。そうした変化に対応するには一定の技術が求められます」

縫製の研修では、感覚をつかむために、空のミシンを踏み続けることも。そうしてミシンは体の一部になり、やがて自身でメンテナンスできるまでになるそう。
「細かい話で言うと、前身頃の縁の部分は2枚のパーツを重ねて縫い合わせているのですが、裏側がわずかでも飛び出して見えると美しくありません。そうならないように、“控え”といってパターンに0・5㎜の差を持たせています。これをきれいに縫えるかで仕上がりが違います」(和田さん)
デザインを具体的な形にするパターン作りと、高い精度で組み上げる縫製。1㎜以下のレベルでの技術の追求がSANYOのコートに反映されています。

メイド・イン・ジャパンが注目される昨今の流れにも冷静です。日本製にすればなんでも高品質というわけでなく、お客様の要望を素直にスピーディに反映できるから、クオリティの改善につながる。まじめに顧客志向のものづくりをすれば、自ずと品質は高くなっていくという考え方です。

「これからも日本一と評価されるコート作りを守っていきたいし、圧倒的な品質を供給できればと思っています。今回のコートは我々の自信作です。じっくり着用していただいて、皆さんの体になじむ愛用品になることを願っています。(和田さん)

 

DMA-_MG_0127
ストックルームには出荷を待つさまざまなブランドのトレンチも。

 

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

公式通販LEEマルシェ通信 最新記事

公式通販LEEマルシェ通信をもっと見る

Writer Profile

LEEマルシェ通信

LEEマルシェ

LEEmarche staff

LEEマルシェスタッフがいま売れているおすすめ商品情報、本誌には載っていない名品ストーリーを毎日配信。気になるアイテムはフラッグショップでチェック!

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン