ここで暮らす理由/第1回 沖縄

もう一度人が集える場所を/平井かずみさんが訪ねる、沖縄・根本きこさん VOI.1

フラワースタイリストの平井かずみさんが、各地に暮らす心惹かれる家族に出会う旅。
初回は、「ずっと会いたかった」という、根本きこさん一家。昨春オープンした沖縄のカフェ「波羅蜜」を訪ねました。

もう一度、人が集える場所を。それが、森から引っ越しをした私たちができる、そして、やってみたいと思ったことでした(きこ)

左:根本きこさん・右:平井かずみさん

森で暮らした5年間を経てたどり着いた、今の答え

平井かずみさんにとって、根本きこさんは“いつか会いたい人”でした。共通の友人も多い二人。「そのうちに、きっと会える」。……そう考えているうちに、根本さんは沖縄へ拠点を移し、二人の距離はいつしか、また、遠のいてしまったのです。

平井 ようやく、ここにたどり着けました。いつか、いつかと思っているうちに、こんなに時間がたってしまって。逗子で、きこさん夫婦がやってらしたカフェ「coya」の前は幾度も通っていたんですが、なぜか入りそびれていて。

きこ やっと訪ねてきてくださることになったら、こんなに遠くなっちゃって! 空港から、かなり距離があったでしょう?

平井 空港の周りは、とても都会的で、「正直、東京と変わらない」なんて感じたんです。でも、このお店……「波羅蜜」に近づくにつれて、どんどん緑が深くなっていくのがわかって。植物の力が、ほかの場所とはまったく違う。色濃くて、何より強さを感じます。

きこ 確かに沖縄の、特にこのやんばる地方の自然は強いですね。大好きなクチナシも自生しているし、しかも花が年に2回咲くの。

きこさんが、夫の潤士さんとお子さん二人を連れて、沖縄の地を踏んだのは約8年前。3年前には次女の縫衣ちゃんが誕生。5年間をやんばるの高江地区の森で過ごした後、ここ今帰仁(なきじん)へ。昨春に再び、カフェをオープンしました。

Paramita/波羅蜜

沖縄の食材を使った料理や、季節スイーツを味わえる。開放的な店内はDIYによるもの。大きな本棚には夫婦のセレクトした、ジャンルを問わないたくさんの本があり、のんびり読書を楽しむのもおすすめ。店内には、きこさんが選んだ雑貨類も

区切りのない広々した空間と天井の高さは、元木工所ゆえ。1年ほどかけてリノベーション
沖縄県国頭郡今帰仁村仲宗根278の3/営業時間:10時~17時 休:火~木曜

平井 カフェをやりたいと考えたのは、やはりきこさんから?

きこ ううん、夫から。5年間、サバイバル生活みたいな森での暮らしをしてきて、潤士さんは畑仕事から家づくりまでを無我夢中でやってくれて。そんな暮らしを経て、彼から出た言葉が……あとは、自分で言ってください(笑)。

潤士 「もう一度、店をやりたい」だったんです。逗子から、何も持たずにやってきて、森の中で必死に暮らして、自分で繰り返し問い直して、出た答えが、「もう一度、店をやる」だったんです。地元の人も観光客も、みんなが来てくれる、そんなオープンな店を。

平井 まさにお店の第一印象は、「なんてオープンな空間!」でした。先ほどからずっと、お客さんが入れ替わり立ち替わり、お二人と楽しそうにおしゃべりしていますものね。8年近く暮らして、すっかり地元に根づいた感じ?

きこ 子どもがいますから、その関係ですごくよくしていただいて、私たちも友人として仲よくさせてもらっている方は多いですね。

ランチは限定20食。この日のメニューは自家製ベーコンのシーザーサラダや、車海老とカリフラワーのフリッター、自家栽培ごはんなど盛りだくさん
カウンターから奥をのぞけば、厨房で真剣に食材に向かうきこさんの姿が。手際のよさは相変わらず
(左)味わい深いコーヒーなら、潤士さんにおまかせ
(右)大きな本棚ももちろんDIY。地元の人には、貸し出しもしているという、小さな図書館のような存在

WEB ORIGINAL PHOTO
本誌に掲載できなかった写真をこちらで!

1 / 7
  • 自家製ジンジャーエール、生の柑橘を絞ったシトロンソーダ、沖縄の梅を使った梅ソーダなど、ドリンクもいろいろ。マグカップ入りの豆乳ラッシーは、ピリピリと炭酸のように発酵していてクセになるおいしさ!
  • お菓子作りが得意なスタッフの石原さんは、沖縄に移住して20年。豆腐のガトーショコラは絶品
  • 夕方になって、お客さまも一段落。牧場から帰ってきた子どもたちとの穏やかなひととき
  • 次女の縫衣ちゃんは沖縄生まれ。こんなに大きくなりました!陣痛から80分後にするりと誕生。助産師さんが間に合わないほどの安産だったとか
  • 「波羅蜜」の一角には、きこさんがセレクトした雑貨や服、書籍も
  • 地元の人々も気軽にやってきて、カウンターできこさんや潤士さんとおしゃべりを楽しみます。イラストレーターのMITSUさんは、できたばかりの作品を持って
  • 「波羅蜜」前では猫ものんびり、おなか丸出しでくつろぎ中

Kazumi Hirai
草花をより身近に感じられるような「日常花」を提案。
自由が丘のカフェ「ikanika」を拠点に「花の会」などを開催。旅好きとして知られ、各地の草花と触れ合うのをライフワークとしている。http://ikanika.com/

Kico Nemoto
神奈川県逗子で人気のカフェ「coya」を営み、レシピ本をはじめとする著書を多く出版。2011年に沖縄県に移住。5年ほどを沖縄北部のジャングルで過ごし、昨春、沖縄・今帰仁にてカフェ「波羅蜜」をオープン。3児の母。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

平井かずみさんが訪ねる「私たちがここで暮らす理由」 最新記事

平井かずみさんが訪ねる「私たちがここで暮らす理由」をもっと見る

Writer Profile

平井かずみ

フラワースタイリスト

kazumi hirai

草花をより身近に感じられるような「日常花」を提案。
自由が丘のカフェ「ikanika」を拠点に「花の会」などを開催。旅好きとして知られ、各地の草花と触れ合うのをワイフワークとしている。
http://ikanika.com/

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン