LEE世代憧れのブランドが器とコラボレーション「特別な時間」を体験できる

「M」は、MUVEILデザイナーの中山路子さんが展開する「ブランドM」のショップ兼ギャラリー。

衣服の持つ「間接的影響力」に注目して、服のディテールを言語にし、洋服そのものではなく、服から派生する様々な「美」の価値を見出していこうという実験的プロジェクトで、年間を通し企画展を実施しています。

今回は、造形作家のTAKAGI KAORUさんの器ブランド「Wo shi Ribenren」とコラボレーションして、特別なエキシビジョンを開催するとのことです。

 

参加型エキシビジョンで特別な体験を

エキシビションの名前は「願いを飲む」。
Wo shi Ribenrenの新作と食物を使い、作家の想う「器」と云うものの意味と面白さを体験できる、完全予約制のエキシビジョンになっていて、作家と参加者で「願い椀」を体験するライブパフォーマンスだそう。

エキシビジョンに合わせ、TAKAGI KAORUの器ブランド・Wo shi Ribenren の販売を行うそうなので、特別な時間を過ごせそう。

少し背伸びして、日常の喧騒を抜け出し、MとTAKAGIで紡ぐひとときを体感してみてはいかがでしょう?

 

ABOUT:エキシビション「願いを飲む」

PART 1(ライブイベント)
日程:3月2日(土)~3月4日(月)
時間:1回目12:30・2回目16:30
※完全予約制 (参加費:¥5000 + 税)
作家と参加者で「願い椀」を体験するライブパフォーマンス。

PART 2(作品展示)
日程:3月8日(金)~3月24日(日)(3/12~14・3/19~21間は定休日となります。)
時間:13:00~19:30
「願い椀」の体験型展示

https://mmmmm-mmmmm.com

TAKAGI KAORU/造形作家
http://www.takagikaoru.com/
粘土を一生ともにする素材として、立体や器を制作。
器とは「受け」「与え」そして「変化させる」ために重要な道具であるという捉え方に軸を置くことで、人自身もその条件を満たす器であり、世の中には器になり得るものが物質に限らず無数に存在することを表現。
近年は、参加者が TAKAGI KAORU の作品を道具として使い「新たな制作を作家と共に行う時間」というパフォーマンスを主体に活動。

中山路子/ DESIGNER
2007年春夏「MOSSLIGHT」解散後、2007~2008年秋冬より「MUVEIL」を立ち上げる。2017年5月 Mをスタート。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

Today's Topics 最新記事

Today's Topicsをもっと見る

Writer Profile

Today's Topics

Today's Topics

街のトレンドや新ショップオープン、トレンドニュース、話題の人…タイムリーな最新情報はここから!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン