スウェーデンで習った手づくり1

TB

わち

SKARVSOM

スウェーデンに12日間、手芸の勉強にいってきた記録をクリップで投稿しています。
2日目からはシンマンソン学舎の1階の教室で、ワークショップが始まりました。
3食付きで夜までずーっと手芸です。白夜の季節なので夜の21時くらいまで
明るくて手仕事ができるのです。

一週間のワークショップを担当してくださったレーナ先生です。この先生は私が出会ったことの
ないタイプの先生でした。例えば、私は刺繍の先生といっても、どんな質問にも答えられるのは
3つのステッチくらいなのですが、この先生は織物、刺繍、編み物、ミシン、レース編みなどなど
どんなことにも精通していて、20人の生徒がいて、全員違うことをやっていても
教えられるのです。言葉は主に英語なのですが、ゆっくり話してくださるし、1、2、3
などの日本語は使ってくれるし、そもそも、手仕事は世界語というようなところがあって
だいたいの意味は分かりました。

とてもお洒落で、デニムのワンピースを着てたり、ボーダーの服の日は、
合わせてボーダーの布バッグを持っていたり。
5歳くらい上のお姉さんなのかな?と思ってなんでも気さくに下手くそな英語で
聞いていたのですが、60代ということでした。。みえませんでした。。

まず最初にSKARBSOMを習いました。~SOMっていうのはスウェーデン語で
~ステッチとか~手法っていう意味みたいです。

3枚のウール布を縫い合わせて、真ん中の布を短く切ることで線を作ります。
ちょっと縫い目を引っ張って、波線を作るのが難しくてうまくできなかった。。
細かく縫おうとしすぎました。ちょっと荒い目で規則的に縫った方が
きれいな波線がでるそうです。引っ張らないで、直線のままでもOKだったので
ポットカバーの反面は直線にしました。

下手な波線ですが。。玄米を解凍してそのまま保温するためのカバーが欲しかったので
太い斜めボーダーでポットカバーを作りました。

ブリットマリーニットワークショップ

1日だけ、オステルヨートランド紡績工場(前クリップ参照)のギャラリーで
ブリットマリー先生のワークショップがありました。
私は編み物できなくて、存じあげなかったのですが
日本版の本も出ていて、編み物界に多大な功績を残してきた方だそうです。

ちょうどギャラリー内で個展もやっていました。
メリヤス編みでシンプルに編んだ四角をつなげて、その上から刺繍をして
模様を作っています。(撮影可能でした)

↑こーんな細かいのも、アシスタントさんではなく全部自分で刺すそうです。

ワークショップも同じように、土台を自由につなぎ合わせて、
刺繍をしてみましょう、という内容でした。
この土台も全部、ブリットマリー先生の手編みなのです。
参加した日本人20人、1人ずつにです。私のところには白い大きいのと赤い中くらいのと
サックスブルーの小サイズが4枚置いてありました。

毛糸も品質が高くて、色も可愛いし、刺繍するのはもったいなくて
サックスブルーの小、2枚だけを使って、ピンクッションを作りました。
他のは、そのまま額にいれたりしようかと。。
その2へ続く。

この記事へのコメント (6)

  1. TB わち

    こばんちゃん元気。関西暑いねえ。
    そうそう、行ってきたよー。こばんちゃんは自分で海外で部屋借りてバイトして
    すごいね。私も学生の頃そんなんしとけばよかった。。
    なんか、こんなツアーがあったらな。、、あるわけないでしょ、
    って検索したらあった!行こう!申し込もう!
    って感じでした。

  2. TB わち

    まもぴさん、コメント有難うございます。
    レス遅くてすみません。まもぴさんの年くらいから
    言い続けてたので、今回10年越しで実現しました。
    お料理研修は、手芸より色んなツアーありそうです。
    是非調べてみてください。
    私もまもぴさんにお料理を習いたいです。

  3. TB わち

    akariちゃん、その後お元気?京都に来てくれたのももう
    随分と前に感じるよー。
    私らここでは姐さんチームだけど、今回一緒に勉強してた方々
    60代70代の人が多くて
    しかもみんな超元気でお洒落でキレイで、
    人生って長いんだーと分かりました。

  4. TB こばん

    うわ!わちさん、ホントに行ってる!
    前から言ってましたよね!
    すごーい😍

    一日中手仕事…
    言葉わからなくても専門用語って共通だったりするし、なんとかなっちゃいますね😆
    糸の色味も可愛いなー。
    今度もしわちさんとこ遊びに行くことあったら、作品見せてくださいね。

    前のクリップもよんでこよー。
    先にこっち読んじゃった😅

  5. 086 まもぴ

    わちさん、こんにちは!
    本場北欧で刺繍の修行をされたなんて…かっこいいです😍✨
    自分も海外で料理の勉強をしたい!と思っているんですが、「今更無理だ」なんて思っていました。
    無理だと思ってたら、いつまでも出来ないままですよね…
    わちさんの修行のお話もっと聞きたいです😂💓
    私も夢をあきらめず考えてみようと思いました!!

  6. TB akari

    わちちゃん、大変な事もあっただろうけれど、充実した12日間だったのね!
    ずっと静かに温め続けた夢をきちんと実行に移している行動力が本当に素晴らしい✨
    同い年の希望だよ~!
    わちちゃんならスウェーデンで習ったことをきちんと形にしていけるんだろな♪

コメントをもっと見る

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

TB わち 京都府 主婦・北欧刺繍家

LEE100人隊トップブロガー

42歳/夫・息子(6歳)/手づくり部・料理部/主婦、北欧刺繍家。身近にある自然からキットをデザインし、手芸ショップの一画や自宅でスウェーデンの刺繍を教えています。出身は神奈川県なので京都の街並みや文化が興味深く、息子とカメラと一緒に京都通信を綴っています。
Instagram:@yukika _wachi

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン