ひつじ柄毛布の故郷へ

TB

わち

ひつじ毛布ベエェの秘密

スウェーデン、オステルヨートランド州、オステルヨートランド羊毛紡績工房を
見学する機会があって、ひつじ柄のミニブランケットを購入しました。
(もう無事に帰国しました)

この毛布を作っているウッラカーリンさんとボリエさんのご夫婦です。
1980年代、当時なくなりはじめていた国内のウール工場をお二人が
買取り毛糸を作るところから手探りで始めました。

1990年代編み物をする人が減ったことをきっかけにひつじ柄の毛布
べエェを作るようになったそうですが
ジャガード織機を導入するのは難しく固すぎる毛布を200枚も作ってしまったり
大変な苦労があったそうです。今でも1枚の毛布を作るのに3ヶ月
の時間をかけているそうでした。
工場内は撮影は禁止だけれど、一緒に人が写っている構図に限り
許可してもらいました。ボリエさんが指さしているのがパンチカードで
この穴に、ひつじ柄の模様の通りに織れる秘密が隠されているそうです。
触っていると、機械で織ったといっても、人のぬくもりが伝わってくるような
少し不揃いなところもあって、暖かい、厚みのある毛布です。

1800年代の合宿所で手芸修行

そもそも、なぜこの毛布を作っているご夫妻と出会うことができたのか
お話しさせてください。上の黄色い写真の建物、シンマンソン学舎
は1800年代に若者たちが手工芸を学ぶために政治家のシンマンソン氏が、
若い人に手工芸に興味を持ってもらいたいという
願いで同じくオステルヨートランド州に建てたものです。
その後、村の集会所になっていたのですが
2007年にウッラカーリンさんが、もう一度、手工芸を学ぶ場所に戻したい
と買い取られ、ハンドワークができる場所として蘇りました。

日本のアナンダというハンドクラフトの材料を扱っているお店が
シンマンソン学舎で勉強したいという人を集めて
旅行にいく企画を毎年実施していて、私がその旅行に参加したという訳なのです。
今年は私を入れて20人の日本人メンバーで一週間勉強しました。

「アナンダ 旅行 」検索 (インド編もあります)

私はスウェーデンの刺繍を教えるという仕事をしていながら
行ったことはなく、10年くらい行きたいと願っていて、
今回は家族から理解を得て行くことができたのでした。

学舎は1階が教室、食堂、シャワールーム、2階にはベッドルームが5部屋あり、
あちらこちらにひつじ柄ブランケットが使われていました。
ひじかけ椅子に敷いてあると座りごごちがとってもいいです。

1人部屋の方に写真を撮らせてもらいました。ここはブラウンのブランケット。
私が寝ていた部屋と同じタイプの4人部屋です。2段ベッドが2つ、壁に作りつけになってます。

私が寝ていた場所です。
100人隊の中ではシニア層な私も、今回のメンバーでは若い方だったので、
2段ベッドの上でした。この2段ベッドの標高がこれまた高くて、落ちたら、
痛いどころじゃなさそうで、怖くて、なるべく壁にくっついて寝ていました。
天井がこれまた屋根裏スレスレで何度も頭をぶつけました。

私のベッドは黒い毛布だったので、記念になると思って、
黒いミニブランケットを買いました。
私の下段の女性は赤いブランケットだったので、赤を買っていました。
スウェーデンは、白夜の季節で、過ごしやすく、こんな暖かい毛布は
なくても大丈夫でしたが、落下防止に、柵の方に置いて寝ていました。

こんなメルヘンチックな学校で、北欧の手法をいくつか勉強してきました。
また後日、手づくり部に投稿します。

最後の2日間はストックホルム観光だったので、そこでのお買い物、
学校での暮らしのこと、も書けたらいいなぁ、と思っています。
また、子供が小さくても、外国に勉強に行きたいと思っている女性は
沢山いると思うのですが、なかなか現実では難しいらしく、
ネットで検索してもほとんど情報がなく、今回20人日本人女性がいても
成人してない子供がいる人は私一人で、周りに驚かれたので
そんなことも書けたら、、と思うのですが、うまく書けるかなぁ。

この記事へのコメント (10)

  1. TB わち

    こばんちゃん、この学舎はなんだかおとぎの国の中の建物だったよ。
    200歳くらいだそうです。愚息は頑張って留守番してくれてたんだけど
    私が行く前、行ってる間、心配しすぎて、こんなに心配なら、行かないことにしようかと
    思った。。帰ってきた後は揺り戻しで、甘えん坊になってますよ。

  2. TB こばん

    こっちにもコメント♡

    寮の4人部屋も可愛い!
    私、海外のユースとか安宿とか大学の寮とか転々としてたことあるけど
    こんな可愛らしいの初めて見ましたよ😍
    息子くんが寂しがってたんじゃないですかー?
    こばん、子守に行ったのに。笑

  3. TB わち

    アオイさんこんにちは。コメント有難うございます。私、大ざっぱ大臣ですよ。
    10年くらい言い続けてたので、夫もあきらめたみたいです。。
    ご家族が本当に理解してくれるなら、是非、海外旅行行ってみてください。
    12日間いないと、ちょっとした家事をやっただけで有難うといわれ
    いつものおかずも美味しいと言われ、
    お茶がなかったから沸かしといたよと言われます。
    ただ途中から息子のことが気になって落ち着かなかったので
    よーく自分自身やご家族とご相談ください!

  4. 024 アオイ

    なんてステキな遠征お勉強会🐑わちサンのスウェーデン行きをOKしてくれた理解あるご家族、日頃のわちサンの暮らしぶりが丁寧だから応援してくれたんでしょうね😊(私は日々大雑把なのに、可能なら女子旅でパリやフィンランドへ行きたいと騒いでおります)。
    2段ベッドの上、これもなかなか無い体験ですね!
    激安のリサイクルセンターが気になります♫

  5. TB わち

    リリオちゃん、七夕クリップのコメントレスは成田空港のwifiで、
    離陸直前に書いたわー。
    自分で行きたくて行ったのですが、
    途中から息子ロスになってしまい。。
    やっぱり10歳くらいで行ったほうが良かったのかもという気持ちと
    やっぱり行ってきて良かったの気持ち半々くらいかな。
    合宿メンバーは関東の人が多くて四国からの2人組参加の
    方のトークが面白い、漫才みたい、と言われてたので、
    西日本から参加の私は会話してるだけだよーと
    言っときました。

  6. TB わち

    はなさんお久しぶりです。お元気ですか。
    予約とれないカフェに3回突撃しているはなさんには
    勝てませぬ。
    北欧は物価が高いと聞いたのであまり買い物するつもりなかったのですが、
    本当に気が利いてるツアーで、
    激安リサイクルショップに連れて行ってくれたりして
    日本人のおばさん、20人で爆買いしちゃったー。
    はなさんにもあのリサイクルセンターを見せたい。

  7. TB わち

    あきさん、お久しぶりー。私も東海か大阪で会いたかったー。
    今はいろんなツアーがあるし、お料理関係なんていっぱいあると思う!
    是非是非 短期留学してみてください!
    私は今回で自費貯金尽きたから働かなきゃ。
    またシニア委員会しましょー。

  8. TB リリオ

    わぁ、シンプルなお部屋にヒツジ柄見てるだけでわくわくしてきます。
    実際作り手や作る所を見て購入したブランケットは、愛着もひとしおですね!
    そうやって色々調整して、興味のある所に飛び込む行動力も見習いたいな。
    スウェーデン行ったことないので何もかもが新鮮!続きも楽しみにしてます^ ^

  9. 067 はな

    わちさん…✨ すごい。素晴らしいです!! 可愛らしい羊柄のブランケット、どこのかしらと…クリックしたら、まさかのスウェーデンへの手芸合宿とは…! 刺繍やお裁縫はほとんど分からぬ私ですが、わちさんの冒険心、探究心、アクティブさ…本当に尊敬します…!!合宿所の二段ベッドや工場の織り機にもワクワク…✨ 観光や手作り部、お子さんのこと…続きのクリップも楽しみにしてます😍

  10. TB あき

    わちさん、すごーい!スウェーデンに手芸合宿なんて素敵!
    二段ベッドで壁際によって寝てるわちさん想像して笑っちゃいました。
    (100人隊ではシニア層って、、、笑)
    わたしも、海外に料理のこと学びに行きたいなぁとおぼろげーに考えたことがあったけど、日々の慌しさに忘れていたのをわちさんのおかげで思い出しました。ありがとうわちさん😊
    まだまだ話聞きたいからクリップ待ってますよー

コメントをもっと見る

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

TB わち 京都府 主婦・北欧刺繍家

LEE100人隊トップブロガー

42歳/夫・息子(6歳)/手づくり部・料理部/主婦、北欧刺繍家。身近にある自然からキットをデザインし、手芸ショップの一画や自宅でスウェーデンの刺繍を教えています。出身は神奈川県なので京都の街並みや文化が興味深く、息子とカメラと一緒に京都通信を綴っています。
Instagram:@yukika _wachi

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン