Pray for Japan

031

azusa

こんばんは、azusaです。

シンガポールへの引っ越しも再来週に迫り、もう何度目かわからない本の整理を行っています。
今はシンガポールへ持っていく本の精査をしているのですが、その中でもこの本は持っていきたいという一冊があります(持っていきたい本を大量に詰めていた本棚から昨日出てきました。。)。

 

Pray for Japan

東日本大震災発生のわずか12分後から届き始めた国内外からのメッセージを集めたWebサイトのコメントなどがまとめられた「Pray for Japan」。前回のシンガポール滞在時に宮崎で小学校の先生をしていた友達が道徳の授業でも紹介した本ということで送ってくれたものです。

 

東日本大震災が起こった時、私はシンガポールで働いてました。テレビに映し出される被災地の状況にただただ言葉を失うだけで、海を隔てたシンガポールからではできることも限られていてそんな自分を歯がゆく感じる毎日でした。

その前月の2月に入籍をし年内に結婚式を挙げようと動いていたのですが、この震災をきっかけに結婚式を挙げるよりも先に未来に繋がる子どもを一日も早く授かりたいと強く思い、結婚式は本帰国が決まった際に行うことを双方の両親に伝え、翌年の2月に生まれたのが長男です。

 

この本を友達が送ってくれたのは、ちょうど長男が1歳だった時。Twitterの発言などが集約されているのですが、母親として読んでしまうのでいつも涙があふれてしまう箇所があります。

“知人の方が津波で旦那さんと2人のお子さんが行方不明となり、下の2歳のお子さんを発見後、2日間抱いて過ごした”とのツイートに対する、“生きて と隣に寝ている2歳の息子を抱きしめた”とのRT(リツイート)。(※要約しています)

この箇所を読むといつも、長男を妊娠していた時はただただ元気に生まれてきてくれるだけで嬉しいと思っていたことを思い出します。

 

長男のやさしさを感じた月曜日

午前中雨が降って風が強かった月曜日、長男の習いごとがキャンセルになったので、子供たちを連れて林試の森公園の河津桜を見に行ってきました。

 

雨と風のせいで花ごと落ちてしまった桜を一生懸命拾う長男。何でも収集して家中色々溢れていてまただなとあきらめていたのですが、

 

家に戻るとお母さんへのプレゼントと大量の拾った桜をプレゼントしてくれました! 少しだけだけどグラスの中に入れてお家でもお花見気分に^^

 

早生まれで小柄な長男に対し、もっとしっかりしてほしいとか積極的になってほしいとか、、ついつい欲張ってしまい小言を言ってばかりだったけれど、長男の良い面を伸ばしてあげたいなと昨晩この本を手に取って改めて感じたので、忘れないためにもここに書かせて頂きました^^

 

 

 

この記事へのコメント (8)

  1. 031 azusa

    tanpopoさん♥
    コメントありがとうございます! 
    本当に「普通の毎日」がどんなに幸せなことか・・ 
    私も常にそれを気づけるようにしていきたいと思っています!
    写真は長男の100日記念で撮ったもので長男もこんなに小さかったんだなと改めて実感しています^^

  2. 031 azusa

    まころんちゃん♥
    本当に当たり前が一瞬にしてそうでなくなること、与えられている今を感謝して求めすぎないようにしていかないとだよね・・ 
    ありがとう♡ 体調も回復してきて当面味わえない春を満喫したいと思っているところです^^

  3. 031 azusa

    のりたまちゃん♥
    のりたまちゃんもなんだね!! 私もたまに独身時代の生活をふと懐かしく(恋しく)思い出してしまうこともあるけれど、やっぱり家族がいてくれるっていうことは当たり前なことではなく幸せなことだなと実感してる^^ 
    私は、この本を読むと1週間くらい涙腺がゆるくなってしまってますT_T

  4. 031 azusa

    きなこちゃん♥
    そういって頂けて何だか心強いです♡ 私も大したことないことで怒ってしまってばかりで、でもこの箇所を読むと気づくことができるので、大切な本はしまっておくのではなく見えるところにおいて日々振り返りたい(怒らないように気が付けるようにしたい)と思ってるところです^^
    もうすぐ二人目ご出産ですね♡ お身体大事にされてください♡ 

  5. TB tanpopo

    朝電車の中で読んで、泣けました…。
    「普通の毎日」がどんなに幸せなことか、
    また改めて気づきました…。
    素敵なお写真ですね✨

  6. 019 まころん

    azusaさん、こんにちは✨
    皆さんのいう通り、azusaさんの記事を読んで胸がいっぱいになりました。あの時ほど、命について考えた日はありません。当たり前が一瞬にしてそうではなくなること、与えられているいまを感謝し、求めすぎてはいけないことを学びました。
    生命力を強く感じる写真がとても素晴らしくて。
    長男くんが集めてくれた桜を見て、私も春を満喫できました😊息子くん、ありがとうね❤️❤️
    前回のクリップから体の不調はいかがですか?
    無理をなさらずに…🙏😢

  7. 071 のりたま

    azusaさん、あの震災で価値観変わった方も多いですよね。私も当時は仕事が面白くて別に1人でも生きていけるかもなんて思ったりもしていましたが、やっぱり支えあう家族がいないと生きていけないと強く思いました。今は昔に比べれば自由もないし地味?な生活ですけど、家族がいて良かったなと幸せに思います。たまにありがたみを思い出して大事にしていかないとですね。最近のazusaさんの記事泣ける~><素敵な投稿ありがとうございました。

  8. 075 きなこ

    azusaさん、もう文章に泣けます。。私は1人目なかなか授からなかったのであの時あんなに嬉しかったのに、大した事ないことで怒ってしまったり、もっとと期待してしまったり猛省です。2人目が産まれると暫く我慢させることもあるかもしれないし、1日1日を大切にしないと!と思いました〜涙。

コメントをもっと見る

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

031 azusa シンガポール 専業主婦

LEE100人隊

39歳/夫・息子(7歳、0歳)/料理部・美容部/元気溢れる子供たちに囲まれて日々慌ただしく過ごしておりますが、育休中の今だからこそ丁寧に暮らしていきたいなと思っております。和菓子と珈琲が好きです。よろしくお願いいたします。

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン