上紙夏花

なりきればいろんなことがわかっちゃう!『MOVE 生きものになれる展』へ

 

先日、2歳の次男と一緒に同級生のママ友に誘ってもらい、お台場の日本科学未来館で開催中の『MOVE 生きものになれる展』へ行ってきました!

 

2歳になると歩ける距離も長くなり、お散歩でたくさんの虫を発見したり、動物にも興味をもち始める頃ですよね。でもまだ図鑑を見ても文字が読めないし、理解できません。ここは、生きものを体験する、つまり「なりきる」ことで、その生きもののことがわかってしまうという楽しく学べる場所なので、ピッタリでした。

 

 

超リアルに動く肉食恐竜に遭遇!

平日限定(春休みを除く)で一日に3回、肉食恐竜が登場します。出没する場所は入口付近。私たちはたまたま恐竜が出てきたタイミングで入場したため、いちばん初めにこれを見たわけですが……。2歳には迫力がありすぎて子どもたちは正気を取り戻すまでに時間がかかりました(笑)。でも、帰宅後に息子が「恐竜の写真見せて!」と言っていたので、怖いながらも興味津々なんでしょうね。この迫力は大人も必見です!

 

水の上を走れる!? どうなってるの?

 

ワンダージャングルというエリアでは、なんと1秒間に20歩進めるというバシリスクになりきって「水の上を走る」体験ができます。ウォーターベッドともちょっと違うのですが、ポヨンポヨンした水の床の上を走れるんです。

 

 

息子よりも大人の私がこんなに楽しんじゃいました!「止まらずに走り抜けてください」と言われるのですが、もっと何往復もしたかったです。それくらい楽しい!ちなみに小さい子は保護者が陸上から手を伸ばしてつないで伴走すれば大丈夫です。手前でポヨンポヨンとジャンプするというのもOKだそうです。

 

子どもが大好きなダンゴムシになりきる!

 

スモールガーデンでは、ダンゴムシスーツを着てダンゴムシになりきります!身長80cmから大人サイズまでのスーツが用意されていました。親子でダンゴムシになりきることができるので、ぜひ恥ずかしがらずに大人もなりきってみてください!

 

 

手前に写っている息子はダンゴムシスーツを着ていませんが、アリ役をやっていまして、ダンゴムシがアリから身を守るというところを再現しています。ダンゴムシスーツ、着てほしかったな~(笑)。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン