高見澤恵美

スヌーピーミュージアム第2回展、子供と一緒に楽しむなら?

今年4月の開館以来、「ピーナッツ」ファンの聖地となっている六本木のスヌーピーミュージアム。 10月8日から始まった第2回展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」 に行ってきました。内容についての詳細はさまざまなサイトで既にアップされているので、こちらではちょっと違った目線で、ミュージアムの魅力を考察してみます。

「親子でスヌーピー好き。家族で行ってみたいけど……ミュージアムって子供も楽しめるもの??」と考え中の方に、独自の“ママ目線”で考える2回展の楽しみ方を提案します。

(1)ミュージアムのオブジェに感化され、親子で“おうち飾り付け”の気分を上げる

(c) Peanuts Worldwide LLC
(c) Peanuts Worldwide LLC

インパクト大のこちらは、大・小さまざまなスヌーピーのぬいぐるみでできたシャンデリアやソファのオブジェ。アーティストのキム・ソンへ氏が手掛けた「SOOO MANY SNOOPY!!!」というアート作品で、チャリー・ブラウンやウッドストックのぬいぐるみも使われています。

(c) Peanuts Worldwide LLC
(c) Peanuts Worldwide LLC

「あ! これうちにもあるスヌーピー!」などと興奮気味になりながらも、ふと思ったのが、「ぬいぐるみって、こんな活用方法もあるんだ……」ということ。並べる、子供が遊びに使う、一緒に寝る……が主な使用方法のぬいぐるみですが、おうちに飾るオブジェ作りに使用するのも面白そうです。

「数が多過ぎて飽和状態」「クローゼットの奥にしまいっぱなし」だった自宅のぬいぐるみも、オブジェにすれば省スペースで楽しむことができそう。もちろん芸術作品まで昇華させることはできないまでも、子供に「おうちでもスヌーピーオブジェ、作ってみようか」「子供部屋の天井に飾ってみようね」などと語りかけ、作り方のヒントを探しながら展示を見れば、より盛り上がるかもしれません。

子供も「自分で作るならどうやってつなげようか」などと考えながら見れば、より集中して楽しめるかもしれません。これからの季節でしたら、クリスマスオブジェの参考にするのもおすすめです。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年、埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。関心あるキーワードは「育児」「健康」「DIY」「観劇」など。家族は夫と4歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン