税金の季節。クレジットカード納税はオトク?

確定申告のシーズンになりました。所得税を支払う必要がある人には慌ただしい時期ですね。

実は2017年から、クレジットカードで納税できる税金が増えました。所得税もその一つです。これまでも自治体ごとに住民税や固定資産税、自動車税など、カード納付が可能だったのですが、国に納める税金までその範囲が広がったのです。所得税のほか、相続税、贈与税、法人税など、主な税金が対象に。利用できるカードも、Visa、Mastercard、JCB、American Expressなど、普段利用しているものが使えるのです。

カード払いを利用する場合は、国税・自治体の税とも専用の支払いサイトから。夜間休日を問わず24時間納付できるので、金融機関が開いている時間に出向く必要もありません。クレジットカード払いにするメリットといえば、やはりポイントの付与ですね。税金を払ってポイントももらえるなら、おトクな気がするのですが…。

税金のカード納付には手数料がかかる

ところが、ポイント分がまるまるおトク、ということにはなりません。専用サイトで税金をクレジットカード払いする場合、一定の手数料がかかるのです。これは、他の納付方法で納める人との不公平をなくすためなどの理由があるようですが、これがネック。税込み手数料は、国税の場合で1万円までが82円、それ以降1万円ごとに82円が加算に(都税は78円~)。通常のクレジットカードのポイントは0.5%還元なので、付与されるのは約50ポイントということになります。これでは手数料のほうが高くなってしまい、ポイントのメリットはないですね。還元率1%以上のカードで支払わないとプラスというわけにはいきません。高還元率のカードを保有していないなら現金で払った方がよさそう。

でも、税金以外にもカード払いできる固定費はたくさんあります。水道光熱費や通信費、生命保険料、国民年金保険料、最近では賃貸の家賃を払えるところまで。毎月払う固定費をカード払いにしておけば、あえて買い物をしなくても自然にポイントを貯められるというわけですね。特に引っ越しシーズンを迎えこれから新居に移る人は、光熱費の支払い方を見直すいいタイミングかもしれませんよ。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

松崎のり子

消費経済ジャーナリスト

Noriko Matsuzaki

消費経済ジャーナリスト。雑誌編集者として20年以上、貯まる家計・貯まらない家計を取材した経験から、貯蓄や節約のアドバイスを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン