佐々木はる菜

ママにこそ便利!話題のシェアサービスをお試し【ecbo cloak・Uber】

フリマアプリだけじゃない!様々な「シェア」、活用していますか?

都心から少し離れた我が家のすぐ近所でもカーシェアリングの看板が溢れるようになり、
先日は、マンション近くに区のシェアサイクルのポートが設置されていて驚きました。
そのほか、ニュースでよく聞く民泊などなど、
いわゆる「シェアリングエコノミー」は広まる一方ですが、
私はというと、ファッションアイテムの購入先として
すっかり定着したフリマアプリすら、満足に使いこなせていません…

今回は、そんな私でも簡単に利用でき、ママ目線でもとても便利で面白かった
「シェアサービス」を二つ、ご紹介したいと思います!

「ベビーカーをスポーツジムに預けよう。」荷物預かりシェアサービス「ecbo cloak」

久々に会う友人とランチするために、小さい子ども連れでおでかけ。
ターミナル駅でベビーカーを押しながら エレベーターを探して歩き、
やっとお店についても、限られたスペースで大荷物の置き場所に四苦八苦…
なんて経験は、ママならば誰でも一度や二度はしたことがあるのではないでしょうか?

「ecbo cloak(エクボクローク)」は、カフェやお店の空いているスペースに、
コインロッカーと同料金で荷物を預けられるサービス。
利用者は、スマホで預けたいエリアと日時を選択し、
条件に合う加盟店舗を選んで事前予約できます。

加盟店は昨年すでに全国で1000店舗を超えたそう。

もともとは訪日外国人向けにサービスを開始したそうですが、
「旅先で荷物を預け手ぶらで観光できる」
「花火大会やハロウィンなどイベント時に、余計なものを預けて楽しめる」
など利用が急増し、人気を集めています。

使い方は簡単で、事前にスマホ上で名前やメールアドレス等を登録し、
預けたい日時や場所を検索、予約をすれば完了。

料金はバッグサイズが300円、スーツケースサイズが600円で、
時間は30分単位で指定できますが、
お店の営業時間内であれば何時間預けても同じ価格。

今回荷物を預けたのは、青山にあるコワーキングスペース。カフェの他にも、英会話スクールやレンタルビデオ店などもありました。

実際使ってみて1番嬉しかったのが、
コインロッカーには入られないベビーカーを預けられたこと。
下の娘が3歳になり今でこそだいぶ出番が減りましたが、
駅構内の移動のスムーズさなどを考え、
子連れのお出かけのたびに使うか悩んでいたベビーカー。
置いてきた時に限って、帰りに子どもがぐずって大変な目にあったことも…。

日常のおでかけはもちろん、子連れ旅行先でも活用できそうだと感じました

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年東京都生まれ。結婚・出産を機にWebライターを始め、国内外のトレンドやニュース、子育て情報などを執筆。女性のキャリア・働き方についての情報発信も目指す。京都人の夫、甘えんぼ5歳息子&強気な2歳娘の4人家族

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン