相馬由子

焚き火台で焼き芋!しっとりホクホクに仕上がるコツは?

娘が保育園のお芋掘り遠足で大量のさつまいもを収穫してきました。外で過ごすのが気持ちいい季節なので、屋外で焼き芋を焼いてみようということに。地面で直に火を起こすのは、ほとんどの公園やキャンプ場でNGのため、今回はキャンプ道具の焚き火台を使いました。

場所はバーベキュースペースがある公園で

まずは場所探しから。焚き火台に火をおこすためには、バーベキューのできる公園などで行わなければなりません。普通の近所の公園では、たいてい火を使うのは禁止となっています。そこで、今回向かったのは、さいたま市内にある秋ヶ瀬公園。ここにはバーベキューエリアがあり、タープを張ることもできます(利用期間3月1日〜11月30日、1火気用具あたり500円)。

この日、午前10:30頃に公園に着くと、もう公園内は混み合っていました。なんとかスペースを確保して、まずはタープを張り、焚き火台に炭を起こします。今回、いかにも「焼き芋」っぽく薪でやりたかったのですが、近所に薪を売っていないということと、公園で拾うにしても限界がある(笑)ということで、自宅にあった備長炭を使うことにしました。

img_0495

新聞紙で包んだら水に浸すのがポイント

夫が炭を起こしている間にさつまいもの準備。洗ったさつまいもを新聞紙で巻いて、それを水に浸します。

img_0497

水を張った鍋に、新聞紙ごとドボン。こうすることで、長時間焼いても乾燥しないでしっとり仕上がるそうです。

img_0499

その上からさらにアルミホイルで包みます。アルミホイルが1枚だと焦げるので2重にしました。

img_0501

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

相馬由子

ライター

Yuko Soma

1976年、埼玉県生まれ。夫と5歳の娘との3人暮らし。編集プロダクション、広告系出版社を経て独立。ウェブ、雑誌、書籍などで編集、執筆を手がける。最近では、子育て、アウトドア、旅、食などのテーマを担当することが多い。合同会社ディライトフル代表。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン