古川はる香

驚きの観劇体験に親も満足&子も夢中!/to R mansion『The Wonderful Parade』観劇レポート

せっかくなら子どもと一緒に観劇を楽しみたい!

中学生時代にいわゆる小劇場演劇にハマってから、ずーっと観劇が趣味でしたが、さすがに出産を機に劇場に足を運ぶ回数がぐっと減ってしまいました。

観たい作品は子どもの保育が確保できれば観に行けるようになりましたが、子どもも5歳になり、新たに「子どもにも観劇体験をさせたい!」という気持ちがわいてきました。童話など子ども向けの作品を上演する「親子劇場」のような催しは、保育園にチラシが置かれていることもありますが、完全に子どもを対象に作られている作品を「私が楽しめるだろうか?」という疑問も。

そんな矢先、舞台を中心に俳優活動をする友人から「今度客演する作品が0歳児から観劇可能だから、娘さんと一緒に観に来ない?」と声をかけてもらいました。それが to R mansionの『The Wonderful Parade』です。

劇場入り口に貼りだされたチラシ。どんな世界が繰り広げられるのか想像が膨らみます。

 

 

to R mansionについて

読み方は「トゥーアールマンション」。「とあるマンション」という意味のパフォーマンスカンパニー。

パントマイムやアクロバット、マジック、演劇などさまざまなパフォーマンスで、大人から子どもまで幅広い観客を楽しませてくれます。

その活動の場は劇場での公演だけでなく、ストリートフェスティバル、学校での文化鑑賞会など多岐に渡っており、日本国内だけでなくアジア、ヨーロッパ、中東など世界各国からもオファーがあるとか。

国籍も、世代も問わず、誰もが楽しめるのがto R mansionの何よりの特徴です。

 

心配な気持ちは、客席に入った瞬間に消えました

はじめて訪れる「劇場」という空間に、娘もやや緊張気味?

実をいうと、劇場に着くまでは「本当に子どもと一緒に楽しめるのかな?」と不安がありました。

チラシやto R mansionの公式サイトを見ると、華やかでビビッドな世界観がうかがえ、ファッションデザイナーのジャンポール・ゴルチェなど名だたるクリエイターも絶賛しているのがわかります。感性の鋭い大人たちがハマる世界と、観劇初心者である子どもが楽しめる世界が頭の中でリンクせず、「もしかしたら、”子どももOK”と間口を開いてはいるものの、実際は”子どもも(楽しめるかどうかわからないけど、我慢できるなら)OK”ということなのかもしれない…」と疑心暗鬼になったりも。

 

でも、いざ劇場に着いてみると、ロビーには娘と同い年くらいや、もっと年齢の小さい子どもがいっぱい。

「本当に子ども歓迎なんだ!」と驚きながら、客席に向かうと、ステージには衣装を身にまとい、派手なヘアメイクを施した出演者のおひとりが。

「こちらの席が空いてますよ」「だんだん暑くなってくると思うので、上着は脱いでおくのがおすすめですよ」と、入場してくる観客に語りかけてくれます。やがて、ステージには別の出演者である「ピエロさん」が登場。観客のひとりに投げてもらったマシュマロを口で受け取るというパフォーマンスに早くも客席は大盛り上がり。

 

考えてみると開演を待つ時間って、ちょっと手持ち無沙汰なんですよね。

大人なら受け取ったチラシの束を眺めたりして過ごせますが、子どもはそうもいきません。開演前の時間に飽きてしまったり、普段経験しない劇場という空間に緊張してしまったりして「もう帰りたい~!」となることもありそう。

客席に入ったときから始まる楽しいパフォーマンスによって、子どもも飽きることなく、しかもリラックスして本編のスタートを待てることに。

これを観て「本当に子どもも観客として来ることを考えてくれている!」と確信できました。

 

「赤ちゃんが泣いてもOK」の言葉に思わず涙も……

さらに感動したのが、本編が始まる前にこんな呼びかけがあったこと。

「お客様の中には赤ちゃんもいます。赤ちゃんにとって泣くのは仕事。もし上演中に赤ちゃんが泣きだしたら”いい仕事してる!”と見守ってあげてください」

 

公共の場で子どもが泣いたり騒いだりすると、よく思われないことがまだまだ多い日本です。「0歳からOK」と言われる場でも、赤ちゃんがぐずると「まわりに迷惑に思われる!」と緊張感と申し訳なさで心が折れそうになる親御さんも少なくないはず。すでに「赤ちゃんの親」ではない私までもが、「ここは赤ちゃんが泣いてもOKな場」だと明言してもらえたことがうれしくて涙ぐんでしまいました。

実際、本編を前に暗転した瞬間、泣き出した赤ちゃんがいたのですが、誰ともなく「早速いい仕事してるね!」との声があがり、客席全体が温かい空気に。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

古川はる香

ライター

Haruka Furukawa

1976年大阪府生まれ。雑誌・Web等でライフスタイル、カルチャー、インタビュー記事を執筆。現在のライフテーマは保活と地域のネットワークづくり。家族は夫と5歳の娘。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン