津島千佳

甘味、うま味、油味への執着を断ち切る! 薄味で満足する方法とは

東日本はしっかりとした味つけ、西日本はあっさりとした味つけが好まれるとは、よく知られたこと。西日本出身のため地元にいた頃はすき焼きに砂糖を入れるのも嫌なくらいだったのに、上京して18年。関東の濃い味に慣れたのか、食生活の乱れなのか、確実に濃厚な味が好きになっています。

親が濃い味つけが好みだったら子供にもよくないんじゃないの?

そう思って美養フードクリエイターの岩田麻奈未さんによる味覚を知るセミナーを受けに行ってきました。

人間の味覚はどのくらいあてにならないのか

セミナー最初のお題は3つのヨーグルトの食べ比べ。

木のスプーンのものが酸味も少なく、おいしいと思ったのですが、実は3つとも同じヨーグルト。人間の舌はカトラリーの素材やその他の条件次第で味を錯覚してしまうほど、不確定なもの。

見極めのできなさっぷりに落胆しながらも、舌をだますって簡単なんじゃないの?と思ったところで2問目。

同じ塩分量で、同じようにローストした2片の鶏肉。 ん? 左の方が薄味に感じます。

左の長方形は塩をまぶしてから6時間寝かせているのに対し、右の四角い方はロースト直前に塩を振っただけ。四角形の調理法だとダイレクトに塩分を感じることができるため、少量でも満足感のある塩味になり、減塩になります。

最後は形状を変えた同じトマトの食べ比べ。

カットしただけの方はシャクシャクした食感に気を取られることもあり、ペーストの方が断然甘い。これはペーストすることで食物の細胞壁が壊れ、風味が変わるからだそう。離乳食って理にかなっているんですね。

調理法を工夫すれば、調味料控えめでも充分おいしく料理ができることがわかりました。

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン