津島千佳

年末は大掃除ついでに壁紙DIYでお部屋をプチリニューアル!

今の部屋に住み始めて約5年。雑な性格が災いして、白い壁紙が黄ばみ始めています。特にキッチンの汚れがひどい。

白い壁紙を貼り直そうと思っていたところ、インテリア好きな友人に「部屋は自分らしく編集するものだよ!」と力説され、カラーや柄壁紙を貼ることを決意。

恵比寿と銀座にお店がある壁紙専門店「ウォルパ」に行くと、膨大な量の壁紙サンプルが! どれにしようか悩みましたが、我が家のウォールナットの建具と色の相性がいい、を基準にセレクト。濃いめのシルバーと、オレンジ色を使った動物柄に決めました。

それでは意外と簡単で、楽しかった壁紙の貼り方をお教えします!

【用意するもの】

・壁紙専用粉のり ・バケツ ・ローラーハケ ・ハケ ・撫でハケ ・地ベラ ・竹べら ・カッターナイフ ・ジョイントローラー ・スポンジ ・壁紙

「ウォルパ」では初めて壁紙を貼る人に向け、施工道具セットがあり、我が家はそれを利用しました。

【1】

水に溶かした粉のりを壁に塗っていく。

塗る箇所が広範囲なので、最初はローラーハケで全体的に塗っていきます。端っこなどの細かい部分はハケで塗ります。

指で線を引いたら、あとが残るくらいの厚みが出るまで重ね塗りします。

【2】

全面的にのりを塗り終えたら、壁紙を貼る。

壁と壁紙の中に空気が入っている場合、撫でハケで空気を抜いていき壁に密着させます。壁紙用ののりはすぐには乾かないので、焦って作業しなくても大丈夫でした。

【3】

壁と壁紙がしっかりと密着したら、竹べらで切る箇所に折り目をつける。その後、地ベラを当てながらカッターナイフで余分な壁紙をカットする。

壁紙は軽い力で切れますので、力を込めなくてもOKです。

【4】

ジョイントローラーをコロコロして壁紙の継ぎ目を定着させる。

継ぎ目がわかりづらいだけで、プロが施工したような仕上がりになります。

【5】

こぼれたのりを、水を含んだスポンジで拭き取っていく。

壁紙にのりがつくこともあります。焦って拭かず、貼り終わってからの拭き取りでも大丈夫です。

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン