津島千佳

感染症の季節到来! 脱水症状には経口補水液で適切なケアを

インフルエンザの本格的な流行が始まった12月。インフルエンザとともに猛威を振るい、多くのママが戦々恐々としているのがノロウィルスやロタウィルスといった感染症ではないでしょうか。子供がウィルス性胃腸炎にかかると、体中の水分が持っていかれるんではないか、と思うほどの嘔吐や下痢に見舞われますよね。

脱水を起こしてはいけないと思い、水や麦茶を飲ませてもすぐに吐いたり、排泄したりでどんどん症状は悪くなり、結局病院のお世話になったこと、私もあります。

そこで子供の脱水に詳しい、済生会横浜市東部病院 小児肝臓消化器科副部長の十河 剛先生に、子供が脱水症状になったらどうケアするべきか、を教えてもらいました。

病院に行く前に経口補水液という方法も

脱水症状にもレベルがあります。

□呼びかけても反応が鈍い、すぐに眠ってしまう

□眼が落ちくぼむ

□口の中が乾ききっている

□手足が冷たい、網目のように赤黒い、または紫色になる

ここまで重篤化するとすぐに病院に行かなければなりませんが、判断に迷うのが軽度〜中度の脱水症状。

□喉が乾く、水をほしがる

□唾液やよだれが減り、口の中が乾く

□おしっこの量が減る

□手足が冷たい

このような症状の場合は焦って病院に行くよりも、まずは水分補給。それも水や麦茶ではなく、経口補水液がオススメ。なぜなら嘔吐や下痢で出てしまって困るのは水分ではなく、ナトリウムをはじめとする体液。人間は体内のナトリウム濃度を一定に保とうとするため、ナトリウムが減少すると余分な水分を排出し、脱水症状に陥るのです。そして体液をリカバリーさせるのは水や麦茶では容易ではありません。

その点、経口補水液にはナトリウムがバランスよく配合されており、中度以下の脱水症状での利用が国際的に認められています。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン