自分至上最高の眠りを手に入れる

熟睡できない、臨月で細切れ。ママの睡眠マネジメントQ&A[後編]

ベッドの上で枕を抱いている女性

家事や育児、人によっては仕事にも追われて二足、三足のわらじをはくのが当たり前になっているママ。その結果、タスク処理のため、睡眠時間を削ってはいませんか? そこでママの睡眠にまつわる悩みを最新著書「一流の睡眠」(ダイヤモンド社刊)がベストセラーになっている裴 英洙(はい・えいしゅ)先生に質問。ママの睡眠不足の原因を探ってもらいました。今回は、後編をお届けします!

 

日中体を動かしているのに、熟睡した感じがしない

ママ38歳(ヨガインストラクター)、娘9歳、3歳

平均6〜7時間睡眠

<1日のスケジュール>

7:00 起床

8:00 朝食、子供の世話

9:00  自宅で事務作業か、レッスンの日は外へ

10:30 ヨガのレッスンや下の娘と児童館へ

12:30 ランチ

13:00 ヨガのレッスン

16:30 家事や事務仕事

18:30 夕食

19:30 家事やTVを見たり、事務仕事、友達とLINEなど

21:00 入浴

22:00 寝かしつけ、SNSやLINEをする

1:00 就寝

<眠る前にしていること>

布団のなかでストレッチ、iPhoneでSNSやHuluなどをチェック

<睡眠の悩み>

虫が出てくる、早く走れずにもがくなど、嫌な夢をよく見ます。見ている時も苦しいし、 起きた時もすっきりしません。娘はめちゃくちゃ寝相が悪く、蹴る、寝言、転がって窓ガラスにぶつかって大きな音をさせるなどが夜中にあって、それで熟睡できていない気がします。

そのせいか、寝起きはいいけど、二度寝したくなります。

 

眠る前の動画視聴の影響があるかも。就寝時のスマホ断食を

津島 ヨガインストラクターなので体は動かしているはずなんですよね。熟睡感がない理由は環境と精神的なもののどちらでしょうか?

 これは寝室の環境要素が大きいと思いますね。お子さんが窓ガラスにぶつかって大きな音がするのでしたら、窓ガラス側にクッションを置くなどの対策はいかがでしょうか? ご年齢が3歳とすると、寝床を離すのも一つの手です。子供がママから離れたがらなかったら、寝ついてから移動するのも検討する価値ありです。8時間睡眠のうち、3時間は添い寝、残りの5時間は移動してしっかり寝るなど、睡眠を分離して考えてみましょう。もちろん、途中で起きるのはしんどいですが、8時間も悶々とするなら5時間熟睡できた方がいい、とある部分を諦めるのです。原則的に、睡眠を分割するのはおすすめではないのですが、ママのストレスと睡眠不足による心身不調を考えると、背に腹は変えられません。

津島 悪夢を見るのも心配です。

 夢は専門ではないですが、夢を見る理由には様々な学説があります。現実の悩みが出てくる場合もありますし、夢を見やすい人も全然見ない人もおられます。彼女は夢を見る体質なのかもしれませんね。

眠る前にスマホ等で見ている動画の影響もあるかもしれないですね。寝入りがスムーズでないのは、スマホから出ているブルーライトが影響すると言われています。また興味のあるコンテンツを見るということは、それだけ自分の意識の中に入り込んでいるから目がどんどん冴えてきます。体は疲れていても、脳が映像からの興奮状態を引きずっているのかもしれません

津島 眠る前にスマホを見るママは多いと思うんですよね。気になる育児情報を調べ始めたら、こっちのトピックも気になってぐるぐる巡っていくっていう。

 布団の中で読むスマホの情報だと、興味の範囲で終わってしまって学習にはならない可能性が高いです。せっかくいい情報に出会っても、眠気まなこでの情報収集は記憶には残りにくいでしょう。また、寝室だけではなく、四六時中スマホばかりが気になる「スマホ依存症」というものがあります。これは、現代病にも近いもので、多くの方が知らず知らずのうちに当てはまっているかもしれません。ネット依存を自己診断できるキンバリー・ヤング博士による「ヤングテスト」というものがあります。寝室でもスマホが気になる方は、一度診断してみることをお勧めします。

睡眠は人生を決めるほど大切なもの。試しにスマホを寝室に持っていかない「スマホ断ち」をしてはいかがですか? 未来永劫、スマホを持って寝室に入らないだと大変なので、まず1週間くらい「スマホ断ち」を試してみましょう。意外とすんなりとできて、寝入りがいいことを実感できるかと思います。それで熟睡ができたら、熟睡とスマホ、どっちが大事かということを天秤にかけられたらいかがでしょうか。

津島 スマホ以外に、睡眠習慣を見直す時のポイントはありますか?

裴 コーヒーを飲まない、パジャマを変える、カーテンを変える、枕を変える、空調変える。いろいろあります。ここでの注意点は、睡眠習慣を一気にすべて変える人が多いということです。一つずつ試さないと何が原因かわかりませんので、ご自身の睡眠習慣の改善にはつながりません。例えば、まずカーテンを変えてみて、それで眠れたら原因は光だとわかります。「一流の睡眠」に書いてある32の解決方法を一気に試したら、結局何が原因だったか分からなくなってしまいますからね(笑)。

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン