寝ても疲れがとれない…恐ろしいママの“口呼吸”の真実って?【「鼻のクリニック東京」院長インタビュー・後編】

冬、親が避けて通れないのが、“子どもの風邪をもらう”こと。昨年の冬、当時2歳の息子から風邪をもらいうけ、数ヶ月にわたり鼻ずるずるのグダグダであったママライターが、耳鼻科取材を敢行!前編に続き、「鼻のクリニック東京」院長、川野健二さんへのインタビューをお届けします!

川野 健二先生(「鼻のクリニック東京」院長)

■すぐに風邪をもらってしまうのは口呼吸のせい?

高見澤(以下、高)::子どもの頃からほぼ口呼吸だと、口を押さえられたらヤバイけれども、普段は鼻水さえ出なければ困らないかな、という気もして。鼻呼吸がよくて、口呼吸が悪い理由って何ですか?

川野院長(以下、川):鼻ってすごいんですよ。普段は恩恵を忘れがちなんですけど、加湿、温度調節、フィルターなどいろんな役割があるんです。
例えば、この季節に気になる風邪は、口呼吸よりも鼻呼吸のほうがひきにくいでしょうね。
口で呼吸すると鼻のフィルターを通らずに肺の中に酸素が入るので、細菌も入りやすくなり、風邪もひきやすくなります。

:なるほど。親が口呼吸だと、子どもの風邪のウイルスなんかも、ダイレクトに肺までいってしまうんですかね。予防のためのマスクが手放せませんが、育児や生活の場において常にマスクをしているわけにもいかないから、と加湿器や空気清浄機でどうにか感染を防ごうとしていましたが、限界を感じていました。まずは鼻を使った呼吸をしっかり意識することが大事なんですね。

:ほこりや細菌などの有害物質を取り除いてくれる鼻のろ過機能は、優秀ですよ。

:私はいつからか、それらの機能をほとんど使ってなかったというわけですね……。そういえば、冬の間は特に、朝起きると喉が乾燥して痛くなっている日が多くて。マスクをして、加湿器をつけて寝ていますが、起きるとマスクが外れていたり……。

:毎日の鼻洗浄を試してみてください。鼻の洗浄で、鼻に付いているアレルギーの原因にもなる物質を流すことができます。それに、アレルギー性鼻炎の将来的な予防にもなるんですよ。歯磨きするのと同じように習慣にしてほしいですね。

:なるほど! 子どもの風邪をすぐもらってしまう、とお悩みのお母さんがたは、この冬、ぜひ試して欲しいですね。

こちらは診察時に行ったアレルギー検査の結果。予想通り、ダニ、ハウスダストの数値が高め。花粉症の自覚症状はありませんが、じわじわ数値が増えてきているのが気になるところ。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。個人的に気になるのは産後の健康状態。家族は夫と3歳の息子。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン