エンジョイ!ハロウィン

100均&フライングタイガーでできる!ハロウィンキャンプの楽しみ方

こんにちは。川口ゆかりです。

普段はファッションの連載を担当しておりますが子供(6歳の娘、4歳の息子)と外出する機会が多いので、こちらではお出かけについて書きたいと思います。まずは今月末に迫った、ハロウィンから。

すでにホームパーティなど計画されている方も多いかと思いますが、我が家では“キャンプでハロウィン体験”がブーム!

プチプラアイテムで簡単ディスプレイ

100均でハロウィンカラーの黒とオレンジのバンダナを六枚購入。半分に折ってから四隅をつなぎ合わせた即席ガーランドをタープに下げて。全長120センチほどのガイコツのオーナメントは、『フライングタイガー コペンハーゲン』で¥200。明るいうちは可愛い~と眺めていられますが、日が落ちて暗くなると結構コワかったりもします(笑)

IMG_2611

IMG_0931

IMG_0932

アウトドア料理もハロウィンを意識して

キャンプのお楽しみといったら、大自然のなかで頂くご飯ではないでしょうか? とはいえ、子供たちがいるとあれこれと時間をかけられないのも事実。そこで、お料理はあらかじめ自宅で下処理した野菜やお肉をガスバーナーで焼くだけの簡単メニューが基本。この日は、D.I.Yしたキッチンをつかって、ストウブで炊いた紫芋のご飯とスープ、子供が食べやすいように一口サイズに盛り付けた豚ロースのピンチョスをサーブして。

IMG_9121

IMG_0928IMG_0053

翌朝はスープを温め直して、とろとろのスクランブルエッグとパン、丁寧に淹れたコーヒーで朝ごはん。お皿やコップは自宅で使っているものを持参して、ゴミを減らすことを心がけて。クロスやナプキンはハロウィンを意識しました。

これだけでぐっと気分が盛りあがる!!!

IMG_0929

 

帽子やアイマスクでプチコスプレ

子供たちは『3coins』や100均で購入した仮装グッズがお気に入り。このまま虫を探しに行ったり、近くの川まで遊びに行ったり。最年少のキィちゃん(2歳)にいたっては、アイマスクをしたまま山登りしていましたよ。

“子キツネがきだぞ~”なんてジョークもまた可愛くて、自然と笑みがこぼれます。

IMG_0926

IMG_0927

少しの工夫でおしゃれに楽しめるアウトドア・ハロウィン。今年はぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

川口ゆかり

ライター

Yukari Kawaguchi

女性誌を中心に活躍するファッションライター。趣味は料理に旅、インテリア。週末はキャンプにスキーと二児の母らしく、とにかくアクティブ。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン