新米ママの中古マンションリノベーション日記

好条件のマンション登場。でも……今度は予想外の事実が判明!【新米ママの中古マンションリノベーション日記 第5回】

息子が1歳前後の頃から本格的に始めた、我が家のマイホーム探し。

ついに購入申し込みをして、めでたく終了!……と思いきや、なんと心に決めた物件が別の人の手に渡ってしまうという、衝撃の展開が待ち受けていたのでした。(*前回の記事はこちら)。

 

好条件のマンションが現れた!?

 

ようやくゴールにたどり着いたと思った瞬間、振り出しに戻されてしまった私たち。

家族みんなで晴れ晴れとした気分を味わった後だけに、ダメージはかなりのもの。

さらに困ったことに、数日間調べて、例の”雨のマンション”(出会いの日も別れの日も雨が降っていたんです……)の魅力を知ってしまっていたために、今後の物件探しのハードルが上がってしまった気もするのでした。

さて、どうしよう。

できることなら一旦物件探しをお休みしてパーッとリフレッシュしたいところでしたが、そうもいきません。

なぜなら……この時点で、本気の“住活”スタートから約1年が経過。

なんとか息子のプレ幼稚園の準備が始まる前に落ち着きたいと思っていたのに、気づけばその時期も目前に迫っていたからです。

 

失恋の傷を癒すには新しい恋をするのが一番、というように、物件破談のショックを乗り越えるには新しい物件を見つけるのが一番……のはず!

なんとか気を取り直して、こつこつ、ぽちぽち、地道な物件探しを再開していたある日。

その情報は、不動産業者である父から突然もたらされました。

 

・夫の勤務地にも、私の仕事場(東京)にも行きやすい場所

・両家実家まで40分程度

・最寄り駅から徒歩5分

・子育て世帯に人気のエリア

・120平米、4LDK

・東南角部屋

・築30年

 

まず目に留まったのは、広さでした。

これまで100平米以上の物件が挙がってきたことはなかったので、思わず二度見!

立地も、最寄り駅から徒歩5分、さらに別の路線の駅も利用可能と、とても便利そう。

築年数は、今まで見てきたものの中で一番古いけれど、1981年に導入された新耐震基準をクリアしていることを目安にしていたため、問題なし。

私たちにとっては、かなりの好条件と言えそうです。

 

……が、これまでいろいろあったせいで、素直にときめけないのが悲しいところ。

「どうしてこんな物件が予算内で出てくるんだろう?」「古いから? それならいいけど、他にも何か理由があったりして……」。

浮かれると後が辛い、とばかりに先回りする、大人になってしまった私たち(苦笑)。

そして、この予感は見事に的中していたのでした……!

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年、兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。趣味は観劇&リラクゼーションスポット巡り。おいしいもの好きの夫、パワフル派の4歳長男、おっとり派の0歳長女との4人家族。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン