上紙夏花

〝親子でロブション〟スイーツデコレーション&豪華ランチコースを体験!

連日大人気のフレンチレストラン『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』。先日、主人とお店の前を通った時に「いつかは連れて行ってね」なんて言っていたのですが、うれしいことに息子とスイーツデコレーション体験ができるイベントに参加する機会に恵まれました!イベントの終わりには、親子でランチコースもいただけるとのことで、この日を指折り数えて待っていたのです。

 

六本木ヒルズにある『ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション』へ。息子はもちろんですが、私も初めてで、わくわくドキドキ!

 

 

なんとこの日はジョエル・ロブションさんもイベント会場に!世界を代表するフレンチシェフとお話ができるなんで感激です。ロブションさんは、「未来の小さなシェフと一緒にお菓子を作れることをとても誇りに思っています」と参加した子どもたちの名前をひとりひとり呼んでくれました。

 

 

 

 

「お母さんたちが毎日私たちにしてくれているように、今日はお母さんが笑顔になれるように愛を込めたデコレーションしましょう。愛を込めると仕上がりも変わってきますよ」とアドバイス。この言葉を聞いて、ロブションさんの料理が多くの人に愛されているのは、あたたかな愛あふれるシェフだからなんだなと確信しました。

 

 

 

ヨーロッパの白い大きな山、モンブランを飾ろう!

 

今回デコレーションするのは、『モンブラン』。ロブションさんは「みんなのアイデア次第です!コンクールのような気持ちで挑戦してみてください」と盛り上げてくれます。まずはパティシエさんのお手本を見てからスタート。

 

 

モンブランの土台にナッツやジャムを入れ、ドーム状のマロンムースにマロンクリームを絞り出していきます。土台にムースを重ねたら、その上に華やかなトッピングを。ロゴ入りのチョコレートや蝶のチュイール、メレンゲなど、飾る前からウキウキするようなパーツばかりです。

 

 

 

「手の中で溶けちゃうといけないから、素早く飾るのがコツだよ!」と息子。気分はすっかりパティシエです(笑)。ちなみに着用しているお店のロゴ入りエプロンはお土産に持ち帰れるそうです。うれしい!このエプロンで家でもお手伝いしてもらおうと思います。

 

 

 

途中、パティシエさんがテーブルを回って、アドバイスしてくれます。少し失敗しても、子どものやる気を損ねないように上手にカバーしてくれる、ホスピタリティはさすがです!

 

 

手前のチョコレートは名前なんです!事前にパティシエさんが用意してくれました。

 

 

完成しました!同じパーツを使っても、それぞれの良さのある、個性的なモンブランに仕上がりました。思った以上に芸術的で我が子の作品ながらも感動!こちらは後ほど、ランチコースの最後に出してくださるそうです。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン