津島千佳

“なんちゃって金継ぎ”でお気に入りの器が復活!気分転換にもなるワークショップへ。

器が気になるようになってきたこの頃。とはいえ、あれもこれもと買える身分でもないので、お気に入りを長く使っています。

陶器は割ってしまったら泣く泣く処分していました。が、日本には金継ぎって修復方法があるじゃないか! というわけで、金継ぎ体験をしてきました。

“なんちゃって金継ぎ”ならカジュアルにできる!

金継ぎはその名の通り、漆に溶いた金などの金属粉で破損した部分補修すること。業者にお願いすると欠けている部分の長さなどによって金額は変わるものの、1万円以上かかる場合も。それ、器より高いよ!

そこで見つけたのが、東京・都立大学駅にある「Maker’s Base」が開催しているワークショップ「はじめての金継ぎ体験」。ここでは代用素材を使って、リーズナブルに“なんちゃって金継ぎ”ができます。

母の湯のみが割れたので、これを復活させます。講師の方いわく「金が映えそうなデザインですね」とのこと。

漆の代わりとなる接着剤が、このエポキシ樹脂接着剤。

A剤とB剤を同量ずつをしっかり混ぜ合わせ、欠けた部分にたっぷりと塗っていきます。

そして接着剤がはみ出るくらい、しっかりと張り合わせていきます。

5分ほどで仮留めは完了。

ちなみに破片が全部残っていないと金継ぎはできないのかと思いきや、破片はエポキシ樹脂接着剤をパテにして作ることができるそう。

ゴールドの部分が金継ぎで埋めたところ。こういうデザインだと言われれば、そう見えるぐらい自然です。

接着剤が乾いたら、アートナイフや彫刻刀といった刃こぼれしにくい刃物ではみ出しを削っていきます。

陶器の表面を削らないように慎重に進めます。うまく刃が入ると、すっと剥がれていって、これが快感。

削り終わったら、耐水性の紙やすりに水をつけて残った凸凹を整えます。

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン