上紙夏花

心躍る北欧デザインの歴史! フィンランド独立100周年記念展@府中市美術館へ

独立前の作品も見られる貴重な展示

府中市美術館で開催中の『フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展』へ行ってきました!入口で出迎えてくれたオイバ・トイッカのフクロウのポスターにまず微笑んでしまいました。

 

フィンランドはみなさんご存知の通り、夏は白夜で、冬は極寒という厳しい環境です。そんな中、明るく幸せに暮らすためにデザインされた家具や雑貨は、フィンランドの人々にとってとても大切なものだったようです。展示物を見ているとシンプルだけれど個性的なデザインは、長い年月が経ってもたくさんの人から愛され、受け継がれてきているという歴史を知ることができます。独立するまでに時間がかかった国ですが、独立前に作られた貴重な作品も展示されていました。

 

 

ドムスチェアやスツール60にも実際に座れる!

 

かわいらしいムーミンの左に写っているのがイルマリ・タピオヴァーラがデザインした、アルテック社のドムスチェア。手前左はアルヴァ・アアルトのX600スツール。実際に座る機会がなかったので興奮してしまいました!

 

展示室よりも手前のエリアでは、実際にフィンランドデザインの椅子に座ることができます。いまでもいろいろなところで買うことができるアルテック社のスツール60も。様々なカラーのものが置いてあって、普段、ネットショッピングでばかり見ていた私にはとても新鮮に映りました。

 

 

並んだ椅子を見ていると、どれもこれも欲しくなってきました(笑)。北欧家具って、椅子一脚だけでも存在感があって、部屋の雰囲気を変えることができそうですよね。比較的こじんまりした住宅が多い日本でも人気がある理由はそこにあるのかもしれません。

 

 

エーロ・アールニオのボールチェアにも座ってみました。深く腰掛けると赤い世界の中でこもれます。秘密基地みたい!?

 

 

 

展示物はこういった家具のほかにも、イッタラの食器やバードシリーズ、マリメッコのテキスタイルやムーミンの原画やムーミンマグなどなど、ずっと見ていたいくらい素敵なものばかり。食器類の中にはLEEマルシェで販売しているものもありましたが、デザインの歴史を知ることでさらに魅力的に感じました。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン