藤本こずみ

「育児環境を整え直すのは大変!」とスイッチが入り、1歳児連れで物件見学へ【新米ママの中古マンションリノベーション日記 第2回】

現在、東西二拠点生活に挑戦中の我が家。

息子が産まれたのをきっかけに、暮らしの軸となる関西でマイホーム探しをすることになりました。(*前回の記事はこちら)。

 

息子1歳前後から物件探しを本格化

思い起こせば、引っ越しというミッションは妊娠中から頭の中にありました。

でも、当時は仕事をしながら自分の身体の変化と向き合う毎日で、“住活”はというと空いた時間にうっとり不動産サイトを眺めていた程度。

入居時期も最寄り駅も、ついでに広さや予算の上限も(!)設定せずに、挙がってきた間取りをぽちぽちチェックするのは、夢の広がる楽しい楽しい作業でした。

あぁ~のんびりしてたなぁ(笑)……そう、初めてプレママとなった私は、リアルにイメージできていなかったのです、出産後の怒涛の日々を。

 

出産後1年、つまり息子が0歳の間は、慣れない育児に奮闘。

仕事にもすぐに復帰したので、毎日があっという間に過ぎていき、住活は忘却の彼方へ……。

 

「そろそろ物件探しを!」とスイッチが入ったのは、息子が1歳になるかならないかの頃。

マイホーム購入を考え始めたきっかけは今の家が手狭になったからだったのですが、それが一気に現実的になったのは育児環境を整えることの大変さに気づいたからでした。

ちょうどこの頃から少しずつ、一時保育の園、児童館、公園、スポーツクラブ、母親サークル、育児イベント……などなど、息子関係のスポットに登録や参加をし始めていた私。

実際に行動してみて初めて、「引っ越ししたらまたこれを一からやるの?」「毎日通う保育園や幼稚園が決まってからだと大変すぎる!」と実感したわけです。

というわけで、当初の我が家の住活終了目標は、息子の就園前。

できれば1年後、プレ幼稚園の活動が始まる2歳の春までには落ち着いていたい!

そう思っていました。

ちなみに、今は息子、2歳の秋。引っ越しは……まだ済んでいません(笑)。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。

家族は夫と2歳の息子。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン