藤本こずみ

子どもが産まれて考えた新居の条件とは【新米ママの中古マンションリノベーション日記 第1回】

“関西で育児”ד東京で仕事”という東西二拠点生活に挑戦中のライター藤本です。

このたび、関西の自宅を引っ越すことになりました。

いきなりですが、現在の新居の様子はこちら!

 

息子を出産してから、就園までに引っ越しすることを目標に2年がかりで続けてきた“住活”。

中古マンション、新築マンション、中古戸建、新築戸建……といくつもの物件を見て、縁あったこの中古マンションを購入、リノベーションすることになりました。

 

その道のりは山あり谷あり。

そして写真からもお分かりいただける通り、まだゴールにはたどり着けていません(笑)。

これから時々、現在進行形の我が家の住活記録をご紹介できればと思います。

 

子どもが産まれて空間に余裕がなくなった

私たちが今住んでいる賃貸マンションに入居したのは、結婚直後。

当時は、夫@関西×私@東京の遠距離結婚生活を送っていました。

夫婦それぞれが東西を行き来していたので、ここで2人揃って過ごす時間は月の半分あるかないか。

そのため、部屋探しの際に重視したのは利便性。

古くて小さくてエレベーターもないマンションなのですが、当時の私たちの暮らしには十分。

今でもとても愛着があります。

 

……が、しかし。

息子が産まれてからは、ここが家族3人の生活場所に。

これまで東京に置いていた私の荷物、出産を機に買った育児グッズ、息子の成長とともに増えていく子ども用品……十分だった空間は、あっという間に余裕をなくしてしまったのでした。

また、働く大人には最適だった便利な環境にも、育児をする上では課題が出てきてしまったり。

「近いうちに引っ越し考えないとね」「今度は長く暮らせるところに落ち着けるといいなぁ」……「ってことは、購入のタイミングなのかも!?」。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。

家族は夫と2歳の息子。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン