上紙夏花

うんち王子が大活躍!『うんち教室』で子どもが自分で健康管理できるようになる

排泄の大切さを学ぶための『うんち教室』って?

 

 

今年は『うんこ漢字ドリル』が大流行!『うんち教室』なんて聞いたら、小学生はゲラゲラ笑いそうですね。でも、伝えたいことは大真面目。「学校でトイレに行きたくなってもガマンしてしまう」「便秘で悩んでいる」「あまりにひどい便秘で不登校に」というような、排泄にまつわる問題を抱える生徒がいるのです。とても個人的なことなので、家族も気がつかなかったり、ましてや学校では相談しにくいですよね。

 

 

子どもたちに大人気の〝うんち王子〟としても知られている、NPO法人日本トイレ研究所 代表理事の加藤篤さん。「うんこ漢字ドリルが流行している今、子どもたちに学んでもらうチャンスかも!」と話します。

 

先日、全国の小学校教諭向けに行われた『うんち教室研修会』に参加してきました。『うんち教室』は子どもの健康や排泄教育をサポートするために、王子ネピアと日本トイレ研究所が共同企画しているカリキュラムです。これまで日本トイレ研究所代表の加藤篤さんが、小学校1年生~3年生を対象に〝うんち王子〟に扮して教えてきたそうですが、全国の先生方にもこの内容を知ってもらい、自分たちの学校の児童たちの健康を守ってもらいたいということから、このような研修会が年に1回に行われているとのこと。

 

 

 

 

どんな内容の教室なの?

 

この教室の目的は子どもに自分自身の身体、健康とうんちのつながりを学んでもらい、トイレ・排泄が大切なことであると認識してもらうこと。トイレ利用のマナーを教え、学校での排泄も決して恥ずかしいことではないと伝えます。そうすることで、健康で楽しい学校生活を送る手助けになればという取組みです。

 

 

具体的には『うんちの種類について』、『和式トイレの使い方』、『いいうんちをするために必要なこと』などを学びます。後半には、オガクズ粘土を使って、オリジナルのうんちえんぴつを作る工作コーナーも。実際の教室の写真を見ると、子どもたちはみんなニコニコして、お互いのうんちえんぴつを見せ合って、特徴を説明していました。ここまでくれば、もう恥ずかしいという気持ちは薄れていますよね!最後には『うんち日記』という冊子を配布して、毎日のうんちの観察日記をつける宿題を出すそうです。

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン