朝食の女王・サラベスさんインタビュー

朝食の女王・サラベスさんインタビュー〔前編〕ー私が朝食にこだわる理由

160604_lee畑江様_025
70歳代とは思えないほど、若々しくチャーミングなサラベス・ラヴィーンさん。

 

朝ごはん=クイックに食べられる手軽な料理というイメージを覆し、贅沢な気分に浸れる朝食メニューを多数揃える「サラベス」。多くの人に朝食の価値観を一変させ、「ニューヨークの朝食の女王」と呼ばれる「サラベス」オーナーのサラベス・レヴィーンさんにこれまでを紐解いてもらう前後編インタビューが実現。

前編は、なぜ朝食に力を入れるのか、ニューヨーク以外で初めて出店したのが日本だったのか、お店にまつわるお話をお届けします。

撮影:亀田亮

始まりはイートインコーナーを併設したベーカリー

津島 サラベスといえば朝食。でも日本人は外食といえばディナーなので、その感覚からすると朝食に特化したのが不思議です。

サラベス 今でこそアメリカでも「ゆっくりと、リッチな朝食を食べましょう」との風潮になりましたが、35年ほど前まではパンケーキとベーコンが主流でした。シフトしたきっかけは、うちが焼きたてのパンと秘伝のフルーツスプレッド、それに新鮮な卵を使った料理が食べられるベーカリーをオープンさせたから。

そういった意味ではリッチでファッショナブルな朝食ブームの火付け役はサラベスだと、自信を持って言えますね。

津島 朝食に革命を起こしたかったのですか?

サラベス 最初のお店はベーカリーで、その場でパンと軽食を食べられるように席を用意したら、ありがたいことに話題になりました。もっとバリエーションが食べたいとのリクエストが多くいただくようになって、ブレックファーストを提供するお店をオープンさせました。


。14席だけの小さな店でしたが、口コミで話題になって何時間も行列が絶えなかったほど。セレブリティと呼ばれるスターや著名人も足繁く通ってくれるようになったんですよ。

今までの朝食の通例を変えようと意図はしていませんでしたが、お客様がついてきてくださった結果、こうなりましたね。

 

160604_lee畑江様_064
レモンの風味が感じられる「レモンリコッタ パンケーキ」¥1450(税込)。ふわふわのバターと一緒に食べると格別です。

津島 ニューヨークは都会なのに、ヘルシーな生活を送っている人が多いイメージがあります。健康に対する高い意識を持つ人たちに愛されているのが「サラベス」なんですね。

サラベス おっしゃるとおり、健康志向が強くてヘルシーな生活を心がけているニューヨーカーは多いです。ベジタリアンやビーガンというわけではなくても、どこで、誰が作った食材を使った料理なのかを大切にしていますね。 私は早くから彼らのそういった意識を感じ取っていて、自分のレストランではこだわりの食材で作った料理を出していました。そういった料理を提供していた結果として、たくさんのお客さんがついてきてくださったのでしょう。

「あなたが食べたものがあなたを作る」。この考え方を強く信じていますし、その理念のもとに今までやってきました。

★LEEwebリニューアル記念大プレゼントとして、「サラベス」ペア食事券を8名様にプレゼント中!

詳細・ご応募はこちらへ

LEEプレゼントサラベス食事券

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン