上紙夏花

夏休みの自由研究に!ミュージックプログラミング教室でオリジナルCDを作成

レコード会社主催のミュージックプログラミング教室を体験

 

 

レコード会社のポニーキャニオンさんが主催する、『こどもミュージックプログラミング教室』に小学校2年生の長男と参加してきました。

文部科学省が2020年度から、小学校でコンピューターのプログラミング教育を必修化するという方針で、ママたちの気になる習い事としてプログラミング教室が話題になっています。なかでも、この『こどもミュージックプログラミング教室』は、楽譜が読めなくても、PCに触ったことがなくても、簡単に楽しく音楽のプログラミングが学べるそうです。プログラミングの入門には良さそうだなと、興味津々で申し込みました。

 

 

ひとり一台のタブレット端末でヤマハの『ボーカロイド教育版』を使って作曲

 

まずは『きらきら星』を練習曲として、プログラミング。子どもたちは画面にタッチしながら、どんどん使い方をマスターしていきます。

 

この教室で使う、プログラミングソフトはヤマハさんの『ボーカロイド教育版』。実際に小学校などでのプログラミング授業に導入するために開発されたものだそうです。感覚的に操作できるソフトで、音の高さや長さ、リズムなどが目で見て確認できるので、イメージした曲をすぐに作ることができるのが特徴。子どもたちは、少し説明を聞いただけで、練習曲のプログラミングをばっちりこなしていました。

 

 

〝夏休み〟をテーマに作詞!用意されたシートは、1マスが1/2拍になっていて、1小節のブロックごとに言葉を当てはめられるようになっています。

 

 

まずは作詞から始めます。マス目の入った用紙に思い浮かんだ言葉をはめ込んでいくのですが、言葉を入れないマスを作ってお休みの拍を作ったり、音を伸ばしてみたりとメロディーのリズムが決まります。作詞が完成したら、あらかじめソフトに入っている伴奏を選びます。サンバ・ダンス・ポップ・ロック・バラードのサンプルを聞いていると、バラードのところである男の子が「海に浮き輪で浮かんでいるみたい」と。伴奏を聞いて情景が見えてくるなんて、天才的!子どもの想像力はやはりスゴですね。

 

 

歌詞の入力方法はローマ字入力のほか、スマホ入力と手書き入力が。書き順が怪しい長男は、手書きではタブレットに認識してもらえず……スマホ入力でがんばりました。デジタル化しても書き順は大事だと痛感した瞬間でした(笑)。

 

 

長男はバラードに決めて、メロディーをどんどん作っていきます。途中で再生してみて納得がいかなかったようで、先生に質問して助けてもらっていました。作業が速い子はハモリをつけたり、輪唱のようにしてみたりとどんどんアレンジしていきます。

 

 

メロディーも簡単に入力できます。コード進行は選んだ伴奏で決まっているので、それに合う音の鍵盤が黄色で表示され、その音を中心にメロディーを作るとまとまりのある曲に。

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン