相馬由子

ロープウェイで北八ヶ岳へ。夏は親子で涼しく快適なハイキング!

夏でも涼しく、澄んだ空気と雄大な景色に包まれる標高2000メートル以上の世界。高木は育成せず、地上では見られない高山植物が独特の風景を作り出しています。そんな世界へ、ロープェイやリフトを使って歩かずに登れる山が、日本全国にはいくつもあり、子連れハイキングにはうってつけ!

その中の1つ、長野県の北八ヶ岳へ行ってきました。蓼科高原にある北八ヶ岳ロープウェイは、山麓から約7分で標高2237メートルの天空の世界へと行くことができます。ロープウェイの山頂駅付近には、低木や高山植物が群生する「坪庭自然園」が広がり、それほど登山経験の無い人でも、ハイキングを楽しむことができるのです。

絶景を見ながらの7分間の空の旅

ここからロープウェイに乗ります

まるでスイスのような木のぬくもりを感じる山麓のロープウェイ乗り場は標高1771メートル。ここから、100人乗りの大型ロープウェイに乗り、約7分間で山頂駅へと到着します。

ロープウェイの窓から見られる絶景

周りの広がるダイナミックな眺めを見ただけでワクワク! 山頂駅に到着した後、すぐにハイキングをする予定でしたが、お昼が近かったので、まずは駅隣接のカフェでお昼を食べることに。

「山のカフェ2237」でカレーを味わってハイキングスタート

「山のカフェ2237」でいただけるのは、野菜がゴロゴロ入ったベーシックなカレー。周りの雄大な景色を見ながら食べると、よりいっそう美味しいかったです! 腹ごしらえが終わったら、いよいよハイキングスタート。

坪庭自然園の散策は、1周約30分と表示されていましたが、4歳の娘と一緒なので、ゆっくり歩いて巡ることにしました。

山頂駅からは、標高2471メートルの北横岳まで、大人の足で1時間ほどで歩くこともできるそう。今度は登ってみたい

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

相馬由子

ライター

Yuko Soma

1976年、埼玉県生まれ。夫と5歳の娘との3人暮らし。編集プロダクション、広告系出版社を経て独立。ウェブ、雑誌、書籍などで編集、執筆を手がける。最近では、子育て、アウトドア、旅、食などのテーマを担当することが多い。合同会社ディライトフル代表。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン