贈って楽しいハロウィンの小さなお菓子

マシュマロおばけでハロウィンを盛り上げよう!

仮装や飾り付けも楽しいけれど、ハロウィン気分の盛り上げに欠かせないのが、やっぱりお菓子!
"今だけ"の特別感満載のフォルムで、子供はもちろん、大人も楽しいハロウィンの出来上がりです。

やさしい味わいのかわいいお菓子を教えてくれたのは、料理教室「apron room」主宰の星谷菜々さん。
初めて作ったハロウィンのお菓子は、雑誌に出ていたかぼちゃのプリンだったそう。

「今は毎年、友達の子供たちにあげるかぼちゃクッキーを焼いています。透明の袋に入れて、オレンジと黒の長いリボンをつけて首からかけてあげたりして」(星谷さん)

本日ご紹介の「マシュマロおばけ」も、子供たちが喜ぶこと間違いなしです!

 

ふわふわもっちり、不思議な食感!
ふんわりかわいいマシュマロおばけ

ハロウィンの小さなお菓子vol.2-1

材料
24×18cmのバット1台分

  • 水……100ml
  • 粉ゼラチン……20g
  • 卵白……2個分
  • グラニュー糖……100g
  • レモン汁……小さじ2
  • コーンスターチ……適量

準備
バットにクッキングシートを敷く。

作り方

  1. 大きめの耐熱ボウルに水を入れ、粉ゼラチンを振り入れる。10分ほどおいてふやかす。
  2. 別のボウルに卵白、グラニュー糖小さじ1を入れてハンドミキサーで白くなるまで泡立てる。
  3. [1]をレンジに1分かけてゼラチンを溶かす。残りのグラニュー糖を加えて混ぜ、さらにレンジに1分かける。よく混ぜて溶かす。
  4. [2]をハンドミキサーで泡立てながら、[3]を少しずつ加える。レモン汁も加える。
  5. そのまましばらく泡立て、メレンゲがもったりと重くなってきたら、すぐにバットに流す(重くなってからも、さらに泡立て続けるとゼラチンが固まってきてしまうので注意!)。ハロウィンの小さなお菓子vol.2-2メレンゲはもったりとしてすじが描けるぐらいが目安。ボウルの底に手を当て、熱さをチェック。冷めると一気に重くなってくるのでタイミングを逃さないように。
  6. 表面にコーンスターチを茶こしを使って振りかけ、そのままおいて固める(時間は常温で約20分。夏場は冷蔵で20~30分)。
  7. 固まったらクッキングシートをはがし、コーンスターチで全体に打ち粉をしながら、好みのクッキー型で抜く。写真の型で大小合わせ約20個とれる。ハロウィンの小さなお菓子vol.2-3

 

ベタつかせないために振りかけるコーンスターチが、よりいっそう、ふんわりとしたおばけらしさを演出します。
次回は、ハロウィンらしい配色のデザートです。
撮影/馬場わかな スタイリスト/伊東朋恵


[最新号] 試し読み・定期購読はこちら

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン