上紙夏花

カヤック体験も!親子で自然に向き合う休日/「星野リゾート 界 川治」へ【後編】

大自然に包まれた温泉宿で過ごす、かけがえのない親子の時間

 

ひっそりと里山に佇む温泉旅館、星野リゾート 界 川治。「王道なのに新しい」という界ブランドのコンセプトのもと、その土地でしか味わえない心に残る家族旅が用意されています。よく知っているようでいて、はじめて出会うような日本がここにあるのです。

 

 

前回に引き続き、〝至れり尽くせりの子連れ温泉旅〟星野リゾート 界 川治への旅をレポートします。

親子で本格和食膳を楽しんだあとは、やっぱり温泉!ゆっくり、まったり、ほっこりとお湯を楽しむ仕掛けが満載です。界ブランド全体で提案しているのが、小さなお子様連れの家族の〝温泉デビュー〟と、旅の思い出や子どもの成長の機会を作ることができるプログラム「ご当地楽」体験です。

 

 

今回私たちは、わんぱく長男と2歳になったばかりの次男、そして私との私の母、の三世代旅行!それぞれみんなが自分のペースで思いきり楽しめる内容でした。趣味も年齢も違うのに、日本の文化や自然に上手にふれさせてくれる界プログラムはさすがです!

 

 

なんといってもまずは温泉!

 

伝統工芸品ひょうたんランプが吊るされた露天風呂は、やさしい光を放って幻想的な空間に。森林のマイナスイオンを感じながらお湯につかると、癒されて身体中の感覚が研ぎ澄まされるよう……。

 

 

 

やっぱりメインは温泉ですよね!とにかくのんびりゆったり過ごせる空間でした。特に大浴場の露天風呂が最高です。街の明かりが見えない大自然に囲まれた温泉は貴重ですね。いつでも気兼ねなく入れる露天風呂つきの客室もあります。

 

 

 

 

大人のアメニティももちろん充実していますが、ベビーのお着替えスペースやお風呂椅子などもあり、こちらが用意するのは下着くらいで、ほとんど手ぶらで入浴できるのがうれしいです!うちの長男が喜んでいたのは、湯上り処に用意されたアイスキャンデー。「お好きなだけどうぞ」といってもらった長男は先に上がって、本当に好きなだけ楽しんでおりました(笑)。レモン水も用意されていて、次男はそちらに夢中でした。

 

湯上り処も広々とした空間です。ここで休憩しながら、何度も温泉に入るという時間は日常を忘れる貴重な体験。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る