上紙夏花

本格和食膳で食育も!子連れで温泉満喫/「星野リゾート 界 川治」へ【前編】

旅館入口にある、緑に包まれた水車小屋。水車の動力で石臼が回る様子が見られたりと、里山の文化に触れることができます。

 

子連れでも〝至れり尽くせり〟のゆったり旅を

 

日常を忘れて、ただただのんびりと過ごす温泉宿への旅。小さい子どもが一緒だとムリだと思っていませんか?でも、全国展開する温泉旅館ブランド『星野リゾート 界 』にはそれを叶えてくれる素敵なプランがありました!「界 といえば、お食事が最高に美味しい!」とママたちの間でも評判。わんぱく長男と2歳になったばかりの次男、そして私との私の母の4人、3世代の旅にでかけました。今回訪れたのは『星野リゾート 界 川治』。

 

 

星野リゾートが展開する界ブランドでは、『子連れでの温泉旅館デビュー』を応援するべく、素晴らしいホスピタリティのもと、ベビー&キッズアイテムの貸し出しや、季節を感じられる〝お子様向け和食膳〟のほか、子どもとの思い出づくりができる体験プログラムまでもが用意されているのです。

 

 

非日常を味わえる、自然に囲まれた里山へトリップ!

 

 

北千住駅から東武鉄道の特急リバティに乗り、川治湯元駅までは2時間と少し。鬼怒川温泉から15分の自然に囲まれた川治温泉は、鬼怒川と男鹿川が合流する渓谷に開けた温泉です。

 

 

北千住駅から特急リバティの乗る際、ホームの中に特急専用改札があり少しわかりにくいのでご注意を。各座席にコンセントも完備されていて、シートもゆったり。車いすでも利用できる広めのトイレではオムツ替えもできます。

 

 

駅では川治湯元のご当地キャラクター『かわじい』がお出迎え。どこを見渡しても緑。とにかく大自然!売店もなく、ジュースの自動販売機があるくらいです。こういうのを求めてました!!ここに送迎車が来てくれて数分で旅館に着きます。

 

 

 

 

 

 

星野リゾート 界 川治に到着です!里山にひっそりと佇む、まさに隠れ家のような温泉旅館。どっしりとした長屋門を通り抜けて、ロビーに入るまでのアプローチも素敵。途中にカタカタとリズムをきざむ水車小屋があったり、脇道の森に入っていくと足湯もあります。緑の香り、鳥の声、風で木が揺れる音……すべてが癒しです。こどもたちの表情も途端にキラキラと輝きだして、私自身も気持ちがほどけるようで……取材を忘れてしまいそうでした(笑)。

 

 

ロビーの大きな窓からは新緑が目に飛び込んできます。渓流を眺めることもできて、いろいろな形のひょうたんランプがやさしく灯る和モダンなインテリアは、ずっと居ても飽きない魅力的な空間です。

 

 

チェックインはカウンターではなく、自然を眺めながら

 

 

 

ロビーに着くと、冷たいほうじ茶とおしぼりを用意してくださいました。まあ、このほうじ茶の美味しいこと!チェックインはカウンターに移動することなく、この場で記帳できます。小さい子がいると、わずかな移動でもひと苦労……ということもあるので、本当に助かります。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン