神社参拝のお作法

お宮参りの服装、手水舎の使い方などマナーは?/神社参拝のお作法【第1回】

神社1回目メインイラスト産後、お宮参りや初詣、七五三など、神社に足を運ぶ機会が増えるもの。「スニーカーで行っても大丈夫?」、「ベビーカーでどこまで入っていいの?」、「二拝二拍手一礼……って、いつお願いごとをしたらいいんだっけ!?」などなど、アレコレ疑問が沸いてきたり、マナー違反が心配になったりも。今回は「池袋氷川神社」の宮司さんに、神社参拝のお作法について伺いました。

神社参拝にドレスコードはあるの?

高見澤 子供が産まれてから、散歩中に神社へ足を運ぶようになったのですが、実はマナーがよく分かっておらずで……。今日はいつも疑問に思っていたことを、いろいろ伺いたいと思っています。

宮司 はい。最初にお伝えしておくと、「神道(しんとう)」は「道」であり、「教え」ではないので、あくまで参拝される方の道徳の範囲内で行っていただくのが基本なんです。ですが、マナーに厳しい方が増えている現代では、「本来はどうなのか」を知ることで、安心するという方もいるのではないかと思っています。当社(池袋氷川神社)の考え方ですが、お伝えいたしますね。

高見澤 よろしくお願いします。まずは、参拝に好ましい服装について教えてください。子供と公園に行く前に参拝をする機会が増えたのですが、ある神社で「きちんとした服装を」という貼り紙を見つけまして……。スニーカーを履いたような普段着では足を踏み入れてはいけない場所なんでしょうか?

宮司 まず、参拝は大きく分けて2種類あります。ひとつは普段のお参り。もうひとつは、お宮参りや七五三、祈祷で社殿の中に入る場合です。

ひとつめの普段のお参りでは、その都度スーツを着るわけにはいかないですし、普段着で構いません。ただ、お宮参りや七五三となると、神様に「おかげさまで」と感謝の気持ちをこめて参拝するものなので、普段着ではなく、失礼のないかっこうで参るといいですね。

祈祷であっても安産参りの場合は例外で、安全な服装が一番です。特に冬であれば、「とにかくあたたかいかっこうでお越しください」と私はお願いしています。

高見澤 スニーカーでも失礼にあたらないと知って、安心しました。帽子はいかがですか? 特に夏は親も子供も帽子をかぶって参拝する方も多いと思いますが。

宮司 社殿の前での参拝では、まず帽子はとりますね。上司の前で、帽子をかぶったままご挨拶をする、ということはないと思うんです。それと同じですね。

高見澤 子供の帽子もでしょうか?

宮司 はい。せっかくですから、お顔をよく見せたほうがよいですよ。

高見澤 そうだったんですね! 忘れずにとるよう心がけます。それから、そもそも神社にはベビーカーで入ってもいいものなんでしょうか? こちらでも「自転車進入禁止」の貼り紙は見かけましたが……。

宮司 神社によって異なりますが、鳥居からベビーカーでは入れないという神社もあります。その場合は貼り紙などに書いてあると思います。当社では境内も、社殿の前まででしたらベビーカーのままで大丈夫です。ベビーカーは、自転車とは用途が違いますので。ただご社殿内に入る場合は、ベビーカーは外に置いていただいて、お子さんは抱っこしていただきます。

鳥居や境内で、通らないほうがよい場所とは?

高見澤 鳥居のくぐり方で注意点はありますか?

宮司 鳥居は神社の玄関ですので、まず一礼をして入ります。そして中央の道、「正中(せいちゅう)」は神様の通り道ですので、なるべく避けたいところです。どうしても通らなくてはいけない時は、黙って横切るのではなく、「失礼します」と言って通ります。私たちは、社殿でも、中央を通る時は一礼してから通るようにしています。

高見澤 誰かが歩いているところを横切る場合、せめて一言あったほうがいいのは人間同士でも同じですもんね。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年、埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。関心あるキーワードは「育児」「健康」「DIY」「観劇」など。家族は夫と4歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン