津島千佳

仕事と育児・ママ管理職のジレンマ/ベイクルーズ プレスディレクター小林美紀さんに聞く【第2回】

仕事と育児を両立するうえでのジレンマ

小林さんの平均的な平日のスケジュール

6時 起床後、洗濯や夕食の準備、身支度など

8時 家を出る。子供の保育園への送りは基本的にご主人の担当

9時すぎ 出社

17時30分 終業

18時30分 保育園にお迎え

19時30分頃 夕食

21時30分頃 子供就寝

22時〜0時頃 自由時間。コーヒー飲みながらTV見たり、料理の下準備をしたり。仕事を持ち帰ることも

0時頃 就寝

津島 仕事と育児の両立で一番頭を悩ますのは時間だと思うので、そこの不安はできるだけ少ない方がいいですよね。

小林 ただやっぱりプレイヤーとしてのプレスの仕事が好きだし、現場を知らないと今の空気もわからない。みんなの仕事を見るうえでも現場にいることは大事なので、次シーズンはブランド担当として私が窓口になって貸し出し業務などもしたいな、と思っています。プレイヤーとしてもっと働きたいですね。

雑誌などのスナップに登場するのも大事な仕事の一つ。

津島 現場に出ないで管理に徹することもできますよね。でも現場に出ることでキャパオーバーになりませんか?

小林 キャパオーバーになるのもそうだし、私が現場に出るとキャリアの浅い子の仕事を奪っちゃうことにもなるし。正直、私が出すぎると私の意見の方が尊重されがちじゃないですか。それはいいことではないので、どこからどこまで部下に任せるか、その塩梅が難しいですね。ちゃんと怒るのも難しいし、反省の連続です。

津島 部下をしっかり見守る、管理職ならではの大変さですね。

小林 あとは働くママ全員そうだと思いますが、とにかく時間がないですよね。あの仕事、もうちょっとじっくり向き合いたかったけれど、時間が足りなかったとか。

小林さんが長くプレスを担当していた当時のジャーナル スタンダードの新店オープン。新店オープン前後はプレスも多忙を極めます。

この業界はショップのオープンなどのレセプションパーティが多いんですが、たいてい夜なんですよ。そういうイベントで広がる人脈とか得る情報がプレスとしてすごく大事なのはわかっているし、部下にはできるだけ参加するように言いますが、自分は基本的に参加できない。今は仕方のないことなので割り切るしかないですが、むりやり自分を納得させている部分もあります(笑)。

次回はご主人との家事・育児の分担などをうかがいます。

お話をうかがったのは、小林美紀さん

ベイクルーズ グループ アパレル部門プレスディレクター

スタイリストアシスタントなどを経て、2002年にベイクルーズ グループに入社。2012年にベイクルーズ グループのレディスアパレルのプレス統括マネージャーに、2016年よりベイクルーズ グループのアパレルブランド全体を統括するディレクターになる。

「ベイクルーズ グループ」のサイトはこちら http://www.baycrews.co.jp/

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン