「ベストマザー」で私も考えた

母としての姿勢、子供が何歳になれば楽になるか…「ベストマザー」授賞式で新米ワーママライターが思ったこと【中編】

前回に続き、第10回「ベストマザー」授賞式でのコメントの一部を、
新米ワーママライターが個人的に感じたことと共にご紹介していきます。

あなたの“母としての姿勢”は?

◆荒川静香さん(プロフィギュアスケーター・長女2歳)

自分のことに関してはすべて後回しになりました。
娘中心の生活をしながら、余力で自分のことをやっています。
近い将来と、遠い将来について色々考えたりしていると、1日が24時間じゃ足りない! という日がほとんどですね。

時間があれば、子供と一緒にできることをやるようにしているので、今は自分の趣味はほぼゼロの状態です。
自分の時間は、子供が成長して親元を離れた後でも遅くはないと思うので、今の生活は全く苦ではありません」

(ライター感想:ママも自分の時間を持つべき、自分自身も輝くべし……そんな風潮もある中で、「自分の時間は、子供が成長して親元を離れた後でも遅くはない」と言い切る荒川さん。
産前、アスリートとして、自分のことをとことんやり切った経験も、現在の潔さに結びついているのかもしれません)

◆木村佳乃さん(女優・長女5歳&次女3歳)

「母として人間としてまだまだ未熟で、反省することばかりの私です。
育児本を色々と読むようにしているのですが、尾木ママ先生(教育評論家の尾木直樹さん)の本に、子供に『早くしろ』と言ってはいけない、という内容が書かれていて。
あぁ、私が毎朝言っている言葉だなぁと思って反省をしたり(苦笑)。

ただ、私の母がとにかく明るい人で、楽しい家庭だったので、我が家もそんな楽しい家庭になれば、と思っております。

仕事で疲れた日も引きずらないよう意識をして、家に帰ったら“お母さん”をしています」

(ライター感想:新米ワーママの私は、帰宅後も仕事のことで頭がいっぱいな日が多いため、木村さんの言葉が胸に刺さりました。多忙な女優さんだったら、「あぁ、まだ明日の台詞覚えてないよ~」などと子供の前でも気になって慌てたりしそうなものですが、木村さんは切り替えをしっかり意識されているようです)

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年、埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。関心あるキーワードは「育児」「健康」「DIY」「観劇」など。家族は夫と4歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン