産前・産後の暮らしの些細な変化

残酷な「パパいや!ママがいい!」期の些細な困惑3選

産後の暮らしの些細な変化」シリーズ、今回は乳幼児あるある「パパいや!ママがいい!」について。
誰よりも一緒にいる時間が長い、授乳中……などの理由からか、乳幼児期は“ママLOVE”に偏る子も多いようです。
一旦「ママがいい!」が始まると、夫が育児に協力的であろうとなかろうと、子供は“パパ拒絶”の方向へ向かうことが多く、たくさんのLEE世代ママより悩みが寄せられました。
そこで今回は、子供の「パパいや!ママがいい!」に感じるママ目線での困惑について、特に意見の多かったもの3つを取り上げます。

1:24時間「パパいや!ママがいい!」で生活に支障が……

パパが子供の面倒をみている間に、家のことを片付けようと思っても「パパいや!ママがいい!」が発動。家事は遅々として進まず……というケースが多いようです。

・「2歳の娘は、夫に世話されると『パパ嫌い!』と大号泣。入浴後の着替えなどの面倒や、私が朝身支度している間のオムツ交換など、ちょっとしたことも『ママがいい!』。おかげで産後は常に時間に余裕がない日々が続いており、髪はもっぱら自然乾燥、外出も日焼け止めとリップのみ……」

・「料理中、夫に1歳娘の面倒を頼んでも泣かれる。夫は料理ができないので、結局私があやしながら食事の支度を。料理に通常2〜3倍くらいは時間がかかってしまったりも(泣)。夫は細々とした世話の大変さを理解していないようで、『料理に時間かかり過ぎじゃない?』などと言われることもあり、イライラします」

・「夫がいる夜でも、夕飯の準備、歯磨き、お風呂、絵本、添い寝……すべて私じゃないと子供は号泣して受け付けず、しんどいです。仕事の持ち帰りがある日も、息子は『ママがいい!』と泣くのでなかなか仕事に着手できず。(その間、夫の手は空いていて、テレビをみてのんびり)。結局、22時過ぎに仕事を始め、1時過ぎに寝る日々。朝は6時前には息子に叩き起こされるので毎日睡眠不足……」

2:外出時、ご近所の目線が気になる

イラストレーション/烏山ミライ

おでかけ先でも「パパいや!ママがいい!」は容赦なく炸裂。そんな中、気になるのは他人の目……。

・「おでかけ先でも8ヶ月の娘は私が一瞬でもいなくなると大号泣。お店などで、トイレや支払いなどでどうしようもないとき、数分だけ夫に託そうもんなら、娘の泣き声が店内に響き渡る……。夫はオロオロ、他のお客さんもイライラだろうなと焦ります」

・「仕事が多忙をきわめた日に、2歳息子の保育園の送りを夫に頼んだ。エビ反りでのベビーカー拒否から始まり、街中に轟くような声で『いや〜、ママ〜、助けて〜!!』と泣き叫び続けたそうで、『通行人に通報されるかも、と本気で焦った』とのこと……。以来、保育園の送り迎えには消極的な夫です」

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。個人的に気になるのは産後の健康状態。家族は夫と3歳の息子。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン