上紙夏花

ゴールデンウィークはおしゃれバスケットでピクニックしよう!

いつものお散歩公園でも、バスケットがあれば特別!

 

 

デザイナーの望月麻子さんは2歳と5歳の女の子のママです。今年のゴールデンウィークはご主人の実家に帰省するそうですが、子どもがもっと小さい頃はなかなか遠出ができなかったそう。そんなときは、近くの公園でピクニックを楽しんでいたのだとか。

「いつも行く公園でも、おにぎりと水筒、レジャーシートをもって公園に行くだけで子どもたちは喜びます。そのときにテンションがあがるバスケットがあれば、特別感が増して子どもも大人も盛り上がりそうだと思って、用意しました」と、ピクニック用のバスケットを見せてくれました。

 

 

 

 

サイズは家族の軽食が入るくらいでちょうどいいです。留め具の部分が合皮になっていて、おしゃれ!持ち手が少し明るい色になっているところもポイント。

 

 

中はギンガムチェックの赤い布が貼ってあります。「実は、お皿やカトラリーがとめられるようにカスタマイズしたんです!」と望月さん。「外側に飾りをつけたりしてもかわいいかもしれませんね」

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る