上紙夏花

ベビーと小学生が同じ場所で楽しめる『東京おもちゃ美術館』へ

雨の休日が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか?わが家では、こどもが2人になってからというもの、休日のおでかけ先に頭を悩ませることが増えました。長男は小学1年生で次男は1歳。どちらに合わせるべきか……これだけ年齢差があるふたりを楽しませる場所はあるのかな?と半ば諦めかけていたのですが、それぞれが思いっきり遊べる場所を発見したのです!

IMG_1523 (2)

 

年の差のある兄弟も喜ぶ、おでかけ先を発見!

それは、四谷にある『東京おもちゃ美術館』です。同じ悩みを抱えていた小学2年生息子と2歳の娘をもつ親友家族と行ってきました!これがまあ、こどもだけと言わず、大人も楽しすぎて夢中になってしまうほどたくさんのおもちゃがあって一日中楽しめる最高のお出かけスポットなのですよ。これだけ楽しめて、入場料はこども(6か月~小学生)500円(6か月未満は無料)、大人(中学生以上)800円、おとなこどもペア券は1200円と良心的なお値段なのも魅力的。再入場もできるので、外でランチをしてきてまた戻るというのもO.K。

 

IMG_1544

 

 

全国のおもちゃの専門家「おもちゃコンサルタント」が選んだ、グッド・トイの展示があったり、世界中のおもちゃが集められた場所もありました。2階のミュージアムショップでは、木でできたおもちゃや楽器を販売していて、木製だと結構いいお値段ではありますが、使っていくほどに味がでて手に馴染んでくるおもちゃってやっぱりいいですね。

 

IMG_1638

 

この雰囲気、懐かしいと思いませんか?そうなんです!ここは新宿区立四谷第四小学校の跡地に作られているんです。1階の建物の入口から入場口がある2階まではエレベーターがありますが、館内に入ってしまえば全て階段移動です。ベビーカーは建物入口の専用スペースに置く決まりなので、抱っこでの移動になりますが、廊下をゆっくり歩いて回ると、木のぬくもりを感じながら童心にかえれてなかなかいいものですよ。1階から3階まで、9つのお部屋に分かれていて、どのお部屋も何度行っても新しい発見があるようで飽きません。

 

 

IMG_1524

 

廊下にもゲームのおもちゃが置いてあったりして、小学生&パパチームがハマっていたのがこちら。紐を上手に操って木のボールを落とさないように、てっぺんの穴に入れるゲームです。すごく集中していました。この写真に後姿で少し写っている、赤いエプロンの方は、ボランティアスタッフのおもちゃ学芸員さんです。このおもちゃ学芸員さんは10代から80代まで約300名の登録があるそうで、遊びの案内人“として、おもちゃと人をつないぐ架け橋の役割をされています。日によって、むかし遊びの紹介や紙芝居、そのほかにもたくさんのワークショップが開催されているので、事前にホームページでチェックしておくといいですね。

 

さて、ここまで全員で遊んでいましたが、ちびっこ&ママチーム、小学生&パパチームに分かれて過ごします。ここから、私たちは0歳~2歳までの『赤ちゃん木育ひろば』へ移動です。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン