ハピうまアネックス

健康効果抜群と話題!ヨーグルトーストを作ってみた

食パンにヨーグルトを塗ってトースターで軽く焼くだけでできるヨーグルトースト。野菜やフルーツなどをトッピングしても美味しくいただけるので、ヨーグルトの乳酸菌やたんぱく質はもちろん、食物繊維やビタミンも摂取でき、朝食にぴったり。さらに、見た目もいいことから、レシピサイトやSNSで話題となっています。

栄養バランスが良く低カロリーのヘルシーメニュー

管理栄養士の新生暁子先生によると「ヨーグルトーストは、ヨーグルトのたんぱく質と脂質、トーストの炭水化物で3大栄養素が手軽に摂れるうえ、フルーツや野菜を組み合わせれば、食物繊維、ビタミン、ミネラルも手軽に補給できます。しかも、バターや生クリームに比べて低カロリーです」とのこと。パンが好きだけど、食べた後に罪悪感がという女性は多そうですが、これなら安心して食べられますよね。

ではさっそく、新生先生に教えてもらったレシピを実際に作ってみましょう。

粒あんときなこ、黒蜜で和スイーツ風に

まずは、粒あんときなこを使った「和スイーツ風ヨーグルトースト」。水切りしたプレーンヨーグルトと粒あんをそれぞれ大さじ4ずつ食パンにのせて、トースターで3~4分焼きます。焼けたら、きなこと黒蜜を好きなだけかけて完成!

水切りしたヨーグルトはクリームチーズのような味わい。あんことの相性もばっちりです。そこに、きなこと黒蜜という定番の味をプラス。きなこには大豆イソフラボンや食物繊維など、女性に嬉しい栄養素が含まれているのもいいですね。

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

Writer Profile

相馬由子

ライター

Yuko Soma

1976年、埼玉県生まれ。夫と4歳の娘との3人暮らし。編集プロダクション、広告系出版社を経て独立。ウェブ、雑誌、書籍などで編集、執筆を手がける。最近では、子育て、アウトドア、旅、食などのテーマを担当することが多い。合同会社ディライトフル代表。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る