上紙夏花

子どもがスマホを安全に使うために必要なこと/ネット時代の子育て【前編】

 

Q、ひとりでインターネットやスマホを使うようになったら気をつけることは?

 

A、フィルタリングのことは後で詳しく説明するとして(次回、ご紹介します)、困ったときに親に相談できる環境を小さいころから整えておくことです。

 

「ひとりでPCやスマホを使うようになるのと、きっと同じころに反抗期を迎えるお子さんもいるでしょう。それよりも前にホットラインを作っておくことが重要です。この問題に限らず、どんなことでも『困ったらいちばんに親に相談する』習慣があれば、反抗期に入ってもサインは出してくるはずです。SNSなどネット上でのトラブルは、顔が見えないネットで相談しがちですが、本当の自分を知らない相手に相談しても解決に至りません」

 

 

ネットの世界に依存しないか心配!?

Q、子どもがインターネットの世界に触れる比率が多くなっているので、リアルか仮想か…親子の常識に差が生まれている気がします。どんなことに気をつけたらいいでしょうか?

 

A、全部がサイバー空間の仮想の世界では生きていけないですよね。私にも2人子どもがいますが、動画で電車を見たのなら、休日にいっしょにその電車を見に行ってみるなど、必ず仮想とリアルをセットにして体験して『情報をつなぐ』ということを心がけています。

 

「いっしょに体験すれば、会話も生まれます。たとえば、ヒヤシンスの球根から花が咲くまでの様子を何秒かの動画で見るとします。実際に育ててみると、花が咲く気温とか、香りなどを感じる。そこで初めて、サイバーの情報が活きるんですね」

 

いかがでしたか?家庭で話し合って上手にインターネットとつき合っていけるといいですね。次回は、今回の話にも挙がったフィルタリングのことや、新しい学習指導要綱に組み込まれている電子教材について、引き続き吉岡先生に教えていただきます。お楽しみに!

 

吉岡 良平先生プロフィール

一般財団法人草の根サイバーセキュリティ運動全国連絡会 常務理事・事務局長 安全なネット利用環境整備を行なうモバイルコンテンツ審査・運用監視機構の事務局長を経て、現職に。全国で情報モラル、情報セキュリティ等、安心・安全なネット利用について啓発・地域支援活動を行なっている。

 

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る