食物アレルギーの子どもと暮らす

食物アレルギーの子どもと暮らす【その1】〜減感作療法への道〜

IMG_1950
LEE2014年3月号のアレルギー特集。当時のLEE100人隊メンバーとアレルギーっ子ママの悩みと知恵を語り合いました

 「ママが神経質になるのは良くないよ!」

「ちょっとぐらい食べさせてみたら?」「ママが神経質になるのは良くないよ!」

善意のアドバイスもちょくちょく受けました。善かれと言われているのは分っていたのですが、その「ちょっとぐらい」が命取りになることを、そう言ってくる人は、まったく分かっていないことも分かっていました。

後に、大きくなった長女から「ありがとう、お母さんがあの頃モノスゴク神経質だったおかげで私は今、生きていられるんだよ!」と言われ、「神経質にしていて良かった」と心底思いました。

当時「ちょっとくらい大丈夫でしょ」とアドバイスしてくれた人たちからは随分と嫌われてしまったものですが、子どもの命と天秤にかけたらどうでもいいことです。

さて、アレルゲンを完全に除去するためには、その食材そのもののみならず、原材料を全て詳らかにしていない外食一切、個人商店などにおけるお惣菜の類、お菓子や菓子パンその他が暮らしの選択肢から外れます。

申し訳ないことですが、知り合いや身内による手作りのおかずや、お菓子の類も警戒の対象でした。悪意?をもって混入されることなどないにしても、食物アレルギーに対する、基本的な注意を払わない無意識的な調理のプロセスでは、いつどのようにアレルゲンが混入するか分かりません。

「かくし味」が怖い

とりわけ、当時、恐ろしかったのが「かくし味」の類でした。「かくし味」だけに、たいてい食べる人には内緒にすることを良しとされるもので、そこには悪気の片鱗もないからです。

また、基本的に原材料を明らかにし、店頭ではアレルギー表示を行っているはずのチェーン店の食べ物ですら、気を抜けないという現実もありました。

あるとき何度か訪れていた外食チェーン店でアレルギー表示を確認し、大丈夫だと判断したものを食べさせた後で、子どもがぐったりしてしまうことがありました。ただ熱を測ってみても平熱以下で、風邪のようにも思われません。

まさかと思って、そのチェーン店のインターネットサイトから詳細な原材料表を探して辿ると、なんと「かくし味」として少量のアレルゲンが混入されていたことが分かったのです。量が少ないために店頭では表示していないことも書かれていました。

ショックでした。いかに分かりづらかったとはいえ、そこまでちゃんと確認しておかなかった不手際。このときは幸い、微量なだけに重篤なことにはならず済みましたが、目の前でぐったりしている子どもを見つめながら、泣けて泣けて仕方がありませんでした。

「緩徐特異的経口耐性誘導療法」との出会い

こういった「微量の(誤)混入」に怯えながら、「除去」の食生活を送り10年近くが経過した頃のことです。かかりつけ医の後輩という先生が、比較的近くにある医療センターで「緩徐特異的経口耐性誘導療法」(経口減感作療法ともいう)という食物アレルギーの治療を始めたということを伺いました。

まだ新しい療法で、実験的な要素が強いということ。これまで懸命に避け続けていたアレルゲンを、あえて摂取させるという(親子共に恐怖を伴う)治療であること。でも、これが「食物アレルギー」の根治には一番近い道であるように考えられていること。

数日かけた家族会議の末、かかりつけ医に紹介状を書いていただき、この治療を受けることを決めたのです。

当時、長女は卵、牛乳、ピーナッツ。三女は卵、牛乳、ピーナッツ、小麦、大豆、コメ、バナナが食べられない状態でした。

ただ離乳食を前にした三女に関しては、こう多品目となると除去するにも除去のしようがない、それはせっぱ詰まった状況だったのです。

 

……さて、このような内容で、以後何回続くかわからないのですが(!)、不定期連載でこの「食物アレルギーをもつ子どもとの暮らし」を綴っていきたいと思っています。どうぞお付き合いくださいませ!

 

*この記事は、あくまで藤原さんの個人的な記録であり、この対策や治療がどなたにでもあてはまるというものではありません(LEE編集部)

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤原千秋

住宅アドバイザー・コラムニスト

Chiaki Fujiwara

1974年、栃木県生まれ。住宅ライター・アドバイザー&コラムニスト。家族は夫と小・中・高校生の娘3人。趣味は宝塚歌劇の観劇です。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン