産前・産後の暮らしの些細な変化

出産後の入院で予想外につらかったこと3選

出産という大舞台を語る際に、まずフォーカスされるものといえば、強烈な陣痛、産みの痛み、帝王切開の術後の痛み、会陰切開の術後の痛みという、4大“痛み”。

それらのインパクトと比較すると影が薄く、些細なものと扱われがちだけれども、入院中を振り返って「実は結構つらかった……」という事柄について調査。

特にエピソードが多かった3つをご紹介します。

第一位:初の授乳がスムーズにいかない

まず挙がったのが授乳の問題について。

・「もちろん妊娠中から授乳には関心があり、母乳の出をスムーズにしてくれるというハーブティーを購入したり、マッサージしてくれるところを探したりと準備は万全……のつもりでした。

ですが、初の授乳がとにかく痛くて! 自然分娩で最高の痛みを味わい、もう痛みに免疫ができているかと思ったのですが、授乳が痛くて痛くて思わず毎回涙目に。てか、こんな痛いなんて、聞いてなかった!!」

・「分娩については色々調べていたのですが、授乳については『産んだらすぐに初乳が出てくる』『出産したら腹が凹んで、代わりに胸が巨大化してカッチカチに』くらいにしか思っていなかった。実際は、最初は母乳が全然出ず、胸も張らず……。お腹は妊娠7ヶ月くらいの大きさをキープしたまま。予想外でうろたえました」

・「妊娠中は、我が子に初乳をあげるシーンを想像しては、どんなに感動することだろう、と楽しみにしていた。実際あげてみたら……おいおい、赤ちゃんよ、あなた実は歯が生えていて、乳首を噛んでいませんか? という激痛が走り、戸惑った。血豆もでき、産院で買った油を塗るもなかなかよくならず……楽しいはずの授乳タイムが苦痛でしかなかった」

・「なかなか母乳が出ず、最初はミルクとの混合からスタート。完母にこだわる産院に通っていたため、イライラして自分を責めていた。数ヶ月後、完母のため子供が哺乳瓶を受け付けず、仕事復帰で泣くことになるなんて、当時は想像もつきませんでした(笑)」

・「緊急帝王切開&子供の軽いチアノーゼで最初の3日間は授乳できなかったのもいけなかったのか、入院中は乳腺が開通せずトラブル続き。乳腺炎にも泣きました。退院後、別の助産院の乳房マッサージに通ってなんとか安定して授乳できるように。気がつけばマッサージを受けると天井に母乳が飛ぶほどなみなみと出るようになっていたのですが、あまりの息子の食欲(乳欲?)に乳首が切れて血染めの母乳になることもしばしば。完母だったから耐えに耐えました(泣)」

第二位:入院中、気持ちが不安定になった

妊娠中の不安や、産後の育児生活におけるイライラについてはよく聞くものの、産後の入院中の短い期間にも気持ちに大きな波が。

・「いきなり産院に義両親が来た。片道2時間半かかるのに、何の連絡もなしに。個室で授乳後の消毒をしている時に突然義両親が入ってきて、全部見られた。どちらかといえば温厚な私ですが、許せない気持ちでいっぱいになり、夫に泣いて当たりまくりました」

・「退院後、近くに親がおらず夫は仕事が多忙なので、自分ひとりで全て育児をやらねばいけない、と思ったら不安でたまらなくなって泣けてきてしまった。特に沐浴ができる自信がなく、ベテラン助産師さんに教わりながら号泣。今となってはなぜあんなに泣いたのか不思議でしかないんですが……」

・「子供がなかなか出てこなかったので、吸引での分娩に。そのせいか、頭の形が尖っているのが気になって、入院中はとにかく泣き続けていた」

・「入院の荷物をきっちり準備して、整理してバッグに入れ、どの袋に何が入っているのかも一目で分かるようにメモに書いた。帝王切開の手術後に目を覚ますと、夫と姑がそのメモを無視して、『パジャマとタオルがなくて』と妙なセンスのものを買ってきたりしていた。メモを見なくても、バッグを見ればわかるでしょ!? とブチ切れてしまった」

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。個人的に気になるのは産後の健康状態。家族は夫と3歳の息子。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る