津島千佳

心だけでなく体の疲れも癒す「マインドフルネス」

全米で注目されている話題の脳の休息法「マインドフルネス」。

アメリカで「マインドフルネス」を第一線で研究している精神科医の久賀谷亮先生に、LEE世代のママにありがちなお悩み別のおすすめ「マインドフルネス」を教えてもらう第二弾。体のリフレッシュやストレスとの付き合い方に効果的な方法をうかがいます

瞑想で体をリフレッシュできる!?

【お悩み】子供が小さく、自分の時間が割けません。全然運動ができないので、体を動かしたのと同じ爽快感を得られるマインドフルネスを知りたい。

津島 脳を休ませることで体にもいい作用があるのですか?

久賀谷 脳と体は自律神経でつながっています。だから脳に疲労が蓄積されていくと、体にも疲れとして表れてきます。ひどくなると局所的な痛みが起こることも。脳を休ませると慢性的なだるさや肩こりにも効果が見込めます。

津島 肩こり持ちとしては気になります。

久賀谷 体の疲れを脳からリフレッシュするには「ボディスキャン」という方法がおすすめです。これも4ステップです。

(1)仰向けになり、呼吸に注意を向けます。

呼吸することでお腹が上下する感覚も意識してください。

(2)そこから左足の爪先も意識しましょう。

足の指同士が触れ合う感覚、足と靴下に触れる感覚に気づいてください。

(3)さらに左足の爪先から脳に向かって体をスキャンするように、つぶさに確認してください。

呼吸する際は鼻から入り、体を通って左足の爪先に吹き込まれる、息を吐く時は左の爪先から全身を通って鼻から出ていくイメージをしてください。

(4)最後は疲れや痛みを感じる部分を重点的にスキャンしてください。

痛みがあるところでも、ずっと痛いのではなく波がありませんか? 漫然と痛いと思うのではなく、痛みにも変化があることがわかると、体の感覚をコントロールする脳の部位の活動が低下します。すると痛みが和らぎます。

津島 痛いという思い込みを捨てることで、脳が痛くないと考えるようになる。そうすると実際にも痛みが改善されるということなんですね。

久賀谷 「ボディスキャン」は座っていてもできます。デスクワーク中などの隙間時間でもできますよ。

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン