アウトドアママの「外遊びにでかけたくなる」絵本3選

「暮らしのヒント」でたびたびアウトドアネタを披露している私、ライター相馬ですが、子どもに読み聞かせる絵本も、外遊びが楽しくなるような内容が大好き。そんな絵本を見つけると思わず買ってしまいます。

そこで、我が家にある絵本の中から、特にこの時期に読みたくなる、春の自然の気持ち良さや美しさを感じられる絵本3冊をご紹介します。

春を待ちわびる動物たちがかわいい『はるのおとがきこえるよ』

これは、最近絵本専門店で偶然出会った1冊。冬の終わり、不思議な音に導かれ、くまとともに森の中に入っていく1人の男の子が主人公。途中で、うさぎやりすやビーバーも合流して、音がするほうを目指します。

途中、氷が割れそうな大きな池の上を歩いたり、生まれたばかりの鳥のひなに出会ったりと、きっとこの時期、森の中を歩けば、たくさんの春の始まりに出会えるのだろうなーと想像し、春の訪れを探しに、私も森の中へ散歩に行ってみたくなりました。

日本の自然の豊かさを感じられる『14ひきのぴくにっく』

14匹のねずみの3世代家族を描いた人気シリーズの中の1冊なので、ご存知の方も多いと思います。里山の美しい自然を繊細なタッチで描いていて、ページを開くだけでどこか懐かしい気持ちになれるんです。この『14ひきのぴくにっく』は、私がこのシリーズに出会った最初の本でした。里山に咲くすみれややまぶき、たんぽぽ、つくし。冬眠から覚めたかえるたち。

日本の自然って、なんて豊かで美しいんだろうと、改めて感じさせてくれる1冊です。また、このシリーズを読んでいると、大家族って楽しそうだなーと思えてきます。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

相馬由子

ライター

Yuko Soma

1976年、埼玉県生まれ。夫と4歳の娘との3人暮らし。編集プロダクション、広告系出版社を経て独立。ウェブ、雑誌、書籍などで編集、執筆を手がける。最近では、子育て、アウトドア、旅、食などのテーマを担当することが多い。合同会社ディライトフル代表。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る