高見澤恵美

ママの“スニーカー=面倒”を解消するアイデア3選

(1)靴ひもをゴムタイプにチェンジ

まずは、スニーカーの紐をわざわざ解かずに脱いだり履いたりできるようにするのに重宝するゴム製の靴ひもをセットします。
最初はネットで1セット千円ほどのものをわざわざ買っていましたが、100円ショップの「セリア」で発見し、まとめ買い(複数買いしておけば、泥汚れがついた! なんて時に交換可能。いさぎよく替えられるのも100均アイテムのよさ!)。
「セリア」には約90cmと約120cmの2サイズがあるのですが、
ハイカットに使用する場合や、次の工程(2)もトライしてみよう、という方には120cmがおすすめです。

左はコンバースの紐、右はゴム紐。太さはさほど変わらず。

このゴム紐をセットすることで、もとからゴム紐が採用されている子供用スニーカーのように、脱いだり履いたりが楽チンになります。

ゴム紐に付け替え完了!

これで子供を抱っこしている日も、玄関で紐付きスニーカーを回避しないですむようになります。

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年、埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。関心あるキーワードは「育児」「健康」「DIY」「観劇」など。家族は夫と4歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン